RecommendMail Facebook Twitter Google Plus

医療・産業機器 (Healthcare & Industry)

Jenoptikの医療・産業機器部門は、世界中の医療分野や各種産業のお客様と協力し、システムやアプリケーション・ソリューションを開発しています。医療技術やライフサイエンス、レーザ、自動車、LED照明の用途にフォーカスし、

半導体チップ、オプトエレクトロニクス、レーザ技術、ポリマーオプティクス、エレクトロニクスおよびソフトウェアなどを提供しています。Jenoptikは、ビーム励起光源を採用したレーザやLED、センサー用オプティクスおよびモジュール、デジタルイメージニングおよびシステムインテグレーションへのコアコンピタンスを持つ、ライフサイエンス産業向けOEMシステムソリューションや製品開発を手がける大手企業です。たとえば、国際品質規格や厳格な受け入れ基準を満たす、研究、臨床、患者自己診断で使える確実性の高い分析・治療システムなどを開発しています。次世代DNA分析、LASIK、血中ブドウ糖測定器などはほんの一例です。

産業向けには、高性能オプトエレクトロニクス部品およびモジュール、さらには、必要に応じて、オプティクス、レーザ技術、センサ、デジタルイメージニング技術を賢く組み合わせることが可能な統合型ソリューションを提供しています。ヘッドアップディスプレイで使用される複雑な部品、運転者支援システム用高性能レンズ、マシンビジョンや拡張現実アプリケーション用ポリマーオプティクスの開発に加え、この事業ではパワフルで高エネルギー効率の産業用LED照明も開発しています。Jenoptikは、素材のレーザ加工で使用される産業用レーザの分野で、レーザの価値創成連鎖全体でアクティブに活躍する主要プレイヤーです。