RecommendMail Facebook Twitter Google Plus LinkedIn

カナダのオンタリオ地域が Jenoptik の交通安全プログラムを継続採用しました。

Jenoptik の交通ソリューション部門は、カナダにおける信号無視モニタリング用のデジタルカメラシステムの継続と拡大の契約を受注しました。

Jenoptik TraffiStar システムが安全性を改善します。

北米における交通安全改善の為の最大でかつ最も成功したプログラムは Jenoptik からのサポートを継続そして拡大しています。Jenoptik の子会社 Traffipax LLC とオンタリオ地域の首都であるトロント市の間の新契約は、 2017年から10年間の継続契約を受注。この契約は 6月に署名済みで、 2017年1月1日からまず5年間実行されます。この契約はさらに 5年間の延長オプションを含みます。カナダのオンタリオ地域の他の 7 つの自治体との交渉は、間もなく開始します。

トロント市内で Jenoptik は、今年末までに信号無視モニタリング用の新しいデジタルカメラを 79 機設置します。新しいシリーズの契約の下では、他の自治体の参加により、供給範囲は 250 機のシステムに増加することが期待されています。これらのシステムは既存の場所にあるものの交換と、新たな場所での設置です。最初の5年間の契約額の総額は、50millonユーロの範囲に及びます。

すでに10年前に、 Jenoptik はグレーター・トロント・エリアで既存のプログラム用の契約を各都市で受注し 200 機を超える赤信号システムが確立されて可動されています。、これらが現代化されます。この広範なプログラムは 2016年12月の末まで継続されています。

弊社の光学技術、ソフトウェア、運営とサービスを組み合わせることにより、より優れた交通安全のための完璧なソリューションをお客様に提供します。新たな契約は、カナダのパートナーが Jenoptik の能力に対する信頼を反映していいるものです」と Jenoptik 社長 & CEO の Michael Mertin は述べました。

新しい赤信号モニタリングシステムは 2017年1月1日から作動を開始します。カメラシステムは、ドイツのライン川に沿ったモンハイムにある主要な Jenoptik の交通ソリューション部門で製造されます。Traffipax LLC がサイド設置、運営、サービスを担当します。これとは別に、 Jenoptik は現代的で事務作業を集中管理できるソフトウェアを提供しますので、政府の職員は発生した事案の評価を実施できます。

彼らは、TraffiStar SR520 タイプの最新のデジタル赤信号モニタリングシステムで、オンタリオに特定したバリアントを使って、交差点でのスピードと信号無視を組み合わせたモニタリングを行うことができます。このシステムは道路に埋め込まれた立証済みの誘導ループを基に作動します。同時に 4 車線までモニタリングできます。すべてのシステムは、 Jenoptik が設計した SmartCameras を装備していますので、交差点で発生している事態を文書化するために、高解像度の画像で、少なくとも 2 つの写真を撮影することができます。

現在進行中のプログラムと同様に、Jenoptik の報酬は提供サービスの品質に基づいたものだけに限られていますので、カナダの都市と自治体の関心はビジネス用語で言う成功ではなく、記録された事象の数には関係ありません。

Jenoptik と交通ソリューション部門のご紹介

包括的な光学グループとして Jenoptik の活動は以下の 5 部門に分けられます:光学部品・光学機器 (Optical Systems) 、医療・産業機器 (Healthcare & Industry)、 自動車産業 (Automotive)、交通管理システム (Traffic Solutions)、 防衛(および防衛技術を利用した民生向け事業) (Defense & Civil Systems)

交通ソリューション部門は、装置の構成部品、システム、サービスの開発、製造、流通を行い、世界中の道路交通安全の向上に貢献しています。立証済みのロボット技術に基づいて、市場をリードする製品ポートフォリオは、スピード測定と赤信号モニタリングシステム、交通違反検出用の OEM (相手先商標製造会社) 製品とシステムなどの道路交通の全観点に関連した包括的なシステムから構成されています。専門性は、道路の規定区間の平均スピードの測定(区間スピード制御)と自動的なナンバープレートの認識 (ANPR) にまで及んでいます。サービス部門では、弊社は交通安全プロセスチェーンの全観点をカバーします – システム開発、製造、モニタリングインフラ構造の設置から画像キャプチャーと自動処理まで。