RecommendMail Facebook Twitter Google Plus

JenoptikとRAYLASEは中国で超短パルスレーザーアプリケーション・ソリューションを提供します

Jenoptikの最新の超短パルスレーザーは、RAYLASEレーザー・テクノロジー社(深圳)の新しい拠点のレーザー・アプリケーション実験室で成功を収め、中国の顧客との新たなアプリケーション・ソリューションの共同開発の機会を開きました。

フェムト秒レーザー JenLas フェムト 16 製品プレビュー

専門知識およびレーザー産業での長年に及ぶ経験を合わせ、RAYLASEとJenoptikは、中国でレーザー加エ分野での画期的なマイルストーンに到達しました。Jenoptikの中国子会社である JENOPTIK (Shanghai) Precision Instrument and Equipment Co., Ltd は、ガルボスキャナーに基づくレーザー光線デフレクションシステムを提供する、レーザー構成部品事業の重要なプレーヤーの1社である、RAYLASEレーザー・テクノロジー社(深圳)の新しいレーザー・アプリケーション実験室で、最新のレーザー・テクノロジーである産業用ミクロ機械加工機器 JenLas® femto 16を提供しました。

このステップは、中国のレーザー市場の将来の統合活動のために両社にとって新たな機会を提供します。中国は、工業用レーザー資料処理で最もダイナミックかつ魅力的な市場のうちの1つです。さらに、お客様にとっては、パフォーマンス範囲の拡張とならんで、将来的にレーザー励起源、光学部品、ビーム解析およびプロセス制御からなるより複雑なソリューションを提供できる利点が生み出されます。

「私たちの経営体力およびテクノロジー・ノウハウによって、お客様のための総合的なソリューションを提供し、市場の必要によりよく応え、お客様固有のレーザー・アプリケーション・ソリューションを実現するための理想的な基礎となっています」と、Jenoptikの中国のレーザー事業の上席販売責任者、デニス・ホーは説明します。これらのソリューションは、医療機器から自動車産業、電子構成部品、そして精密機器から時計産業まで、主として工業製品製造で活用されています。「アプリケーション実験室の機器を使い、私たちは、顧客に私たちの包括的なレーザー製品ポートフォリオが実際に使用されているところを体験していただける機会を提供できます。これは私たちがお客様の要求に可能な限り最大限に答えていくことに役立ちます。」デニス・ホーは付け加えています。

レーザー・ミクロ機械加工の専門知識

工業用レーザーの世界的な大手供給元企業のうちの1社として、Jenoptikは、数十年にわたって、オプトエレクトロニクス、レーザ励起源から、光学およびミクロ光学製品に及ぶ、ミクロ機械加工アプリケーション向けとして、効率に優れた高品質ソリューションを提供しています。

Jenoptikの超短パルスレーザーの性能は高精度の切断、ドリル、マーキング、組み立てに理想的です。これは、例として、医療機器産業のマイクロチューブあるいは金銀線入りの生物分解性ステントの正確なドリル加工に活用されています。自動車産業向けの微粒子フィルターや噴射ノズルの精密マイクロドリル加工に加え、Jenoptikのツールは、さらに時計産業で正確な切断が求められる機構部品の素晴らしいカットアウトや、電気接触部のミクロクランプなどの電子部品製造を可能にしています。 

詳細はぜひウェブサイトをご覧ください: www.jenoptik.com/products/lasers

製品画像は、Jenoptik画像データベース内のヘルスケア&インダストリーギャラリーからダウンロードできます。

Jenoptikについて

包括的な光学グループとして Jenoptik の活動は以下の 5 つの分野に分けられます:オプティカルシステム、医療・産業機器 (ヘルスケア&インダストリー)、自動車、交通ソリューション、防衛および防衛技術を利用した民生向け製品。

 医療・産業機器 (ヘルスケア&インダストリー)部門では、Jenoptikは、ヘルスケアセクターおよび産業用として、世界中のお客様のためのカスタム製造システムおよびアプリケーション・ソリューションを開発しています。事業の焦点は、レーザー、自動車、照明アプリケーションと並んで、医療技術やライフ・サイエンス上にも及んでいます。製品ポートフォリオは、半導体チップ、オプトエレクトロニクス、レーザー・テクノロジー、ポリマー光学、エレクトロニクスおよびソフトウエアを含んでいます。Jenoptikでは、これらを研究、臨床応用および患者自己診断向けの分析と治療のシステムなどの生命科学産業向けOEMシステム・ソリューションおよび製品と組み合わせています。産業向けアプリケーション分野では、Jenoptikは統合ソリューションとならび高機能オプトエレクトロニクス構成部品およびモジュールも提供しています。これらには、ヘッドアップ・ディスプレイ向けの複雑な構成部品、ドライバーアシストシステムおよびマシン・ビジョン向けのポリマー光学向けの革新的なレンズや、拡張現実アプリケーションを含んでいます。この部門では、さらに強力でエネルギー効率に優れた産業用LED照明製造も行っています。レーザー加エ用の工業用レーザーの分野では、Jenoptikは、レーザーの価値創造チェーンの全体をアクティブにカバーしています。

RAYLASE について

RAYLASEは、レーザー光線デフレクション、変調および制御向けのガルバノメーター・スキャナーに基づいた構成部品およびサブモジュール製造並びに開発を行う、世界的な市場リーダー企業です。1999年4月の創立以来、RAYLASEは、革新的な高機能質走査ソリューション市場で知られています。RAYLASEは、世界で事業を行っており、中国の深圳に子会社を設置しています。同社の認定修理センターは、最新のブラジル、ロシア拠点をはじめ、全世界にわたって展開しています。国際営業では、グローバルなノウハウとローカルの体験を提示する世界的なネットワークを活用しています。ISO 9001認証を受けたRAYLASEは、自動車、電子部品、パッケージング、織物、セキュリティ、ソーラー製品を初め、多くの産業で使用されるレーザー・テクノロジーの要求の高まりにあわせて、カスタマイズされたソリューションを提供できることを証明しました。RAYLASEは、制御エレクトロニクス、ソフトウエアおよびデフレクションユニットから構成される完全ソリューションを提供します。RAYLASEの製品ポートフォリオは、顧客の個別の要件に合わせてカスタマイズされたソリューションおよびサブモジュールを提供しています。