RecommendMail Facebook Twitter Google Plus

Jenoptik が初めて高速道路の料金支払いモニタリングシステムを提供しました。

Jenoptik はToll Collectにドイツ連邦高速道路のトラック専用通行料金モニタリングシステム用の600セットの完全なシステムを提供します。 ※Toll Collectとはドイツのトラック専用通行料自動徴収運営会社光学とトラッキングセンサーの新しい組み合わせにより、このシステムは、通行料金支払いのモニタリングの新しい標準となります。す。

通行料支払い用モニタリングポールは 4 メートルの高さがあり、道路脇に設置されています。

Jenoptik はToll Collectにドイツ連邦高速道路のトラック用通行料金モニタリングシステム用に600セットの完全なシステムを提供します。 ※Toll Collectとはドイツのトラック用通行料自動徴収運営会社これにより Jenoptik は、通行料金徴収部の新システムのサプライヤーの一つになります。ドイツの通行料金システムオペレーターとの契約には、 Jenoptik による通行料金支払いモニタリングシステムの開発と提供が含まれます。この契約の価格は、約 50millon ユーロに上り、 Jenoptik のモビリティ部門の売り上げに貢献します。

Toll Collectは自動通行料徴収およびモニタリングシステムの技術的準備を実施するためにドイツ政府と契約しました。Toll Collect の開発協力者として、 Jenoptik は通行料金支払いモニタリングシステムの技術開発を継続的に支援します。通行料金の強制的支払いのモニタリングに関連した法令機能は、ドイツ政府の代表として、ドイツの Bundesamt für Güterverkehr (物資輸送局、または BAG) によって実行されます。

デジタルソリューションが新しい標準を設定します。

Jenoptik は通行料金支払いをモニターするための多様なセンサー技術を組み合わせた独自のデジタルのソリューションを提供しています。この新しいシステムは、距離測定、画像処理、そして自動徴収の為にトラックを分類し記録する為の道路脇に取り付けられたカメラ用のセンサー技術の組み合わせで構成されています。これは道路脇に取り付けられたカメラを使って、車軸番号の検出を初めて可能にします。通行料金支払いのモニタリングシステムはドイツ連邦高速道路に設置されますので、連邦高速道路上にさらに複雑なモニタリング用の構造物を設置する必要がありません。これが環境への影響を最小限にします。

「デジタル化は、製造過程だけでなく、道路交通分野でもますます重要な役割を果たしています。通行料金支払いモニタリングシステム・ソリューションで、弊社はデジタル世界における開発オプションの成功に役立っています。」と Jenoptik の社長 & CEO である Michael Mertin は述べています。

道路脇に取り付けた堅牢なハウジングに収納されたカメラ

道路脇に取り付けたカメラが、通過する各トラックの個別セクセクションの高周波写真を撮影します。これらが縮尺にあった歪みの無い画像を作成します。同様に、これにより通行料課金スケジュールで必要とされる正確な車両分類のための各トラックの正確なサイズ測定と車軸番号の正確な決定が可能になります。 Jenoptik のシステムが、各トラックが支払うべき通行料金を直ちに記録できることを意味しています。通行料支払い違反は高解像度画像によってドキュメント化され、将来の起訴の目的でToll Collect社にに転送されます。

全ての通行料支払いモニタリングの構成分は受賞に輝く Jenoptik の TraffiTower 2.0 に基づいて設計されたハウジンクに統合されます。ハウジングのモジュラー構造は、素早い設置と個別調整が可能で、また修理とメンテナンスが容易であることを意味します。これはまた測定システムを悪天候、故意の損傷や破壊から確実に防護します。

写真はカレントイベントギャラリーにある Jenoptik 画像データベースからダウンロードできます。

写真:Jenoptik の新しい通行料徴収モニタリングポール(モンタージュ写真) ©Toll Collect

Jenoptik と交通ソリューション部門のご紹介

包括的な光学グループとして Jenoptik の活動は以下の 5 部門に分けられます:光学部品・光学機器 (Optical Systems) 、医療・産業機器 (Healthcare & Industry)、 自動車産業 (Automotive)、交通管理システム (Traffic Solutions)、 防衛(および防衛技術を利用した民生向け事業) (Defense & Civil Systems)

交通ソリューション部門は、装置の構成部品、システム、サービスの開発、製造、流通を行い、世界中の道路交通安全の向上に貢献しています。立証済みのロボット技術に基づいて、市場をリードする製品ポートフォリオは、スピード測定と赤信号モニタリングシステム、交通違反検出用の OEM (相手先商標製造会社) 製品とシステムなどの道路交通の全観点に関連した包括的なシステムから構成されています。専門性は、道路の規定区間の平均スピードの測定(区間スピード制御)と自動的なナンバープレートの認識 (ANPR) にまで及んでいます。サービス部門では、弊社は交通安全プロセスチェーンの全ての観点をカバーします – システム開発、製造、モニタリングインフラ構造の設置から画像キャプチャーと自動処理まで。

連絡先

Cornelia Ehrler

+49 3641 65-2255

+49 3641 65-2484

Thomas Fritsche

+49 3641 65-2120

+49 3641 65-2804

個人情報

Salutation

* = 必須欄です。ご記入ください。

お問い合わせ