RecommendFacebook Twitter LinkedIn

イエナオプティックは、概算価格1,000万ユーロの3Dレーザー機器をドイツを代表する自動車製造会社に販売

3Dレーザー機器は、電気自動車内の革新的なコンポーネントの製造など、新しい生産工程内で使用されています。

レーザー用途

ドイツの主要な自動車製造会社および自動車関連機器供給元が、過去数週間で合計およそ1,000万ユーロのレーザー・システムを発注しました。 レーザー機器は、特に次世代の電気自動車で、例として構造コンポーネントの輪郭トリムに使用されます。 これらのコンポーネントは、新しい車体プラットフォームの実装に利用され、バッテリー・ユニットを保護し、かつCO2排出抑制目標の達成に必須となります。

機器とそのプロセスは、最初にイエナオプティックアプリケーションセンターで、顧客によって包括的にテストが行われました。 レーザーの使用は、特に極め超硬度鋼、ダイキャストアルミニウムなど新しい軽量の素材向けとして、柔軟で高速かつ高品質のツールとなることが証明されました。

JENOPTIK-VOTAN® BIM レーザー・システムは、複雑な金属およびプラスチック半製品の非常に効率的な機械加工を実現します。 イエナオプティックは、レーザー・ビームをロボットアーム内部でガイドする、ユニークなシステムコンセプトを継続的に開発してきました。 この技術に基づいて、ここで販売される最新世代システムでは、複数の3Dレーザー加工ロボットが平行に作動します。 このシステム技術は、顧客に、最小の設置面積で、特定の現地生産プロセスへの完全なシステムの統合が可能となる、高い柔軟性を提供し、明確な生産上の利点を持っています。

イエナオプティックについて

総合光学グループである イエナオプティックは、 光学 & 生命科学、自動車・交通輸送、防衛(および防衛技術を利用した民生向け事業)の三部門で事業を推進しています。 イエナオプティックの自動車・・交通輸送部門は、生産計測学および3Dレーザー・システムを主導するメーカーです。 レーザー・システムはプロセス最適化およびオートメーションの一部として、顧客の生産ラインに統合されています。 これらの機器は、プラスチックや金属、皮革を、極めて効率的、正確、かつ安全に加工することができます。

連絡先

ご連絡先 カトリン・ローテルバッハ(Katrin Lauterbach) - コーポレート・コミュニケーション・マーケティングヘッド イエナオプティック

Katrin Lauterbach

Head of Corporate Communications and Marketing

+49 3641 65-2255

+49 3641 65-2484

ご連絡先 トーマス・フリッツェ(Thomas Fritsche) - インベスター・リレーションズヘッド

Thomas Fritsche

Head of Investor Relations

+49 3641 65-4120

+49 3641 65-2804

個人情報

Salutation

お問い合わせ

* = 必須欄です。ご記入ください。