RecommendFacebook Twitter LinkedIn

イエナオプティックが、クウェートから新しい交通安全ソリューションを受注

イエナオプティックのTraffiSection技術は、世界で最長の海洋橋の1つの上でセクション速度制御に使用されています。

高速の交通データ

クウェート国内で、拡大する道路基盤施設の交通安全をさらに向上させるため、イエナオプティックは、再び交通安全ソリューションを受注し、地域のパートナー、ファースト・ジョイント・グループと提携して、「ジャバール・アル=アフマッド・ブリッジ」上のセクション速度制御用を行う、2基の非侵襲性ポイント・ツー・ポイント(P2P)システムを供給します。 この受注プロジェクトは、さらにTraffiTowerに格納されたレーダー技術に基づく複数のTraffiStar S390速度測定器も含まれます。 発注額は五百万ユーロ以内の範囲にあります。

この平均速度監視システムがクウェートの「ジャバール・アル=アフマッド・ブリッジ」に設置され、この橋は、2018年末の時点で、クウェートの首都を北部のスビーヤー地方(スビーヤーリンク36km)と、東部ドーハ近郊(ドーハリンク12km)の両方とつないでいます。 この橋は国の主なインフラ計画のうちの1つで、最長の海上橋の1つとなっています。

セクション速度制御測定は、車両がセクション内に入るとすぐにスタートし、車両のナンバープレートを入口および出口ポイントの両方でカメラが読みとります。 このセクション上で、車両の平均速度が最大規制速度を超過した場合、TraffiSectionシステムは自動的に違反の起訴に必要なデータをすべて記録します。 さらにシステムは車両を分類することができます。

世界中で交通安全プロジェクトの実装に成功

イエナオプティックが製造した交通安全テクノロジーは、オマーン、サウジアラビア、そしてアラブ首長国連邦などの中東諸国で、数十年間にわたり配備され、成功を収めてきました。 イエナオプティックは、2000年以来、クウェートで既に様々な交通安全プロジェクトに参画してきました。

平均速度監視装置は、イエナオプティックの平均速度カメラ(ASC)システムは、オーストリアとスイスの交通監視システムの基幹として確立され、近年ではイギリスのスコットランドで最も危険な道路の1つでも利用されています。 SPECS VECTORシステムは、現在ダンディーとストーンヘブン間のA90線の交通安全を守っています。 ドイツでは、イエナオプティックは、ニーダーザクセンで連邦のセクション速度制御試験計画を支援しています。

イエナオプティックは、ガルフトラフィック2017でより多くの交通安全ソリューションを展示します。

イエナオプティックについて

幅広い製品を取り扱う光学機器グループであるイエナオプティックは、オプティクスおよびライフサイエンス分野、自動車および交通ソリューション分野、防衛(および防衛技術を利用した民生向け事業) の3分野を展開しています。

交通輸送(モビリティ)セグメントの交通ソリューションでは、装置の構成部品、システム、サービスの開発、製造、流通を行い、世界中の道路交通安全の向上に貢献しています。 製品ポートフォリオには、スピード測定と信号無視モニタリングシステム、交通違反検出用の OEM (相手先商標製造) 製品とシステムなどの道路交通の全観点に関連した包括的なシステムが含まれます。 その専門性は、道路の規定区間の平均スピードの測定(区間スピード制御)と自動的なナンバープレートの認識 (ANPR) にまで及んでいます。 イエナオプティックは、センサー技術と、ソフトウェア、データ管理を組み合わせた新モニタリングシステムを、ドイツ連邦高速道路のトラック用通行料金徴収システム向けに提供します。 サービス部門においては、交通安全プロセスチェーンの全観点をカバーします。

連絡先

ご連絡先 コルネリア・ユーリエ(Cornelia Ehrler) - コミュニケーション・マーケティング

Cornelia Ehrler

+49 3641 65-2255

+49 3641 65-2484

個人情報

Salutation

お問い合わせ

* = 必須欄です。ご記入ください。