RecommendFacebook Twitter LinkedIn

交通安全システムを中東地域で新規受注

カタール内務省がイエナオプティックに速度規制システムを発注

高速の交通データ

中東地域の交通安全をさらに改善するために、イエナオプティックおよびそのローカルパートナーのTelcoは、本年中にカタール内務省に120件を超える速度測定システムを納入します。 発注額は数百万ユーロの範囲にあります。

2018年第2四半期の時点で、イエナオプティックは、レーダーに基づいた静置型速度規制向けTraffiStar S390測定システムをTelcoに納入、およそ100件のTraffiTower 2.0およびおよそ20件のTraffiCompactハウジングが含まれています。 納入の範囲は、さらに三脚上の6基のレーダーによるモバイル速度測定システムも含まれています。

イエナオプティックが製造した交通安全テクノロジーは、オマーン、サウジアラビア、クウェート、ヨルダンなどの中東諸国で、長年にわたり配備され、成功を収めてきました。 カタールではこれまでに350件を超えるイエナオプティックシステムが利用されています。 最近では、2017年11月に、イエナオプティックは、クウェートからの受注で組み合わせ、固定、平均速度規制交通安全システムの納品予定を発表しました。

イエナオプティックについて

幅広い製品を取り扱う光学機器グループであるイエナオプティックは、オプティクスおよびライフサイエンス分野、自動車および交通ソリューション分野、防衛(および防衛技術を利用した民生向け事業) の3分野を展開しています。

交通輸送(モビリティ)セグメントの交通ソリューションでは、装置の構成部品、システム、サービスの開発、製造、流通を行い、世界中の道路交通安全の向上に貢献しています。 製品ポートフォリオには、スピード測定と信号無視モニタリングシステム、交通違反検出用の OEM (相手先商標製造) 製品とシステムなどの、道路交通の全ての面に関連する包括的なシステムが含まれます。 専門性は、道路の規定区間の平均スピードの測定(区間スピード制御)と自動的なナンバープレートの認識 (ANPR) にまで及んでいます。 イエナオプティックは、センサー技術をソフトウェア、データ管理に組み合わせた新モニタリングシステムをドイツ連邦高速道路のトラック用通行料金徴収システム向けに提供します。 サービス部門においては、交通安全プロセスチェーンの全ての面をカバーします。