RecommendFacebook Twitter LinkedIn

イエナオプティックは、経営管理委員会に関するしい国際的な新発表

ストラテジー2022の焦点としてより国際化を進めるイエナオプティックは、3人の新メンバーが加わり、EMBによりグローバルな多様性をもたらします。

イエナオプティックストラテジー2022でさらなる国際化

イエナオプティックは、世界のフォトニクス産業をリードする企業として、経営管理委員会に3人の国際幹部の指名を発表しました:

  • アルバート・ミランダ、イエナオプティック北アメリカ社長、フロリダ州ジュピター
  • ケビン・チェヴィス、交通ソリューション部門統括責任者、同部門の英国フリムリー子会社責任者
  • ジョナサン・キュ、イエナオプティックアジア社長、中国、上海本部

「国際的であるということは、主要地域に拠点を置くだけではなく、国際的に事業を展開することでもあります。 異文化間の交流および地域での意思決定を促進することは私たちにとって重要です。 その出発点として、私たちは経営組織を再編していきます。」イエナオプティックの社長兼CEOのステファン・トレーガーは話しています。

より多くのイノベーションおよび国際化を推進する社風の醸成に焦点が置かれます。 イエナオプティックは、すべての主力市場で地域の研究開発チームおよび生産設備を設立および拡張してまいります。 さらに、少なくとも1つのセグメント本部は、2022年までにドイツ国外が拠点となります。

『光分野への注力(More Light)』- イエナオプティックストラテジー2022のモットーは、イエナオプティックの中核分野:フォトニクス技術の強みと基礎を表わしています。 フォトニクス技術は、私たちの社会のほとんどすべてのエリアに影響を及ぼしています。 グローバルなフォトニクス市場規模は6000億ドル以上に達すると推測され、世界の経済生産高より2倍速く成長しています。 「これらの事実は私たちの将来の成長にとって前向きな前提条件です」とステファン・トレーガーは言います。

EMBメンバーに関しての詳細は、企業ウェブサイトの「イエナオプティックについて」/役員セクションをご確認ください。