RecommendFacebook Twitter LinkedIn

イエナオプティックは産業計測で新しい生産設備に1,100万ユーロを投資します。

フィリンゲンシュウェニンゲンでは、220人の計測分野の従業員が、世界的な自動車および産業の顧客企業のための最新の開発、生産およびオフィスエリアにアクセスしています。

フィリンゲンシュウェニンゲンの新しい計測分野製品プラント

建設は2019年の春にスタートし、2020年の春に、新しい建物への移転が予定されています。(それは「Salzgrube」工業団地に位置しています。(現在の拠点の近くの)

「私たちの現在の建物およびその他のエリアは、最新の労働・生産環境の必要条件に見合っていません。 「私たちの従業員と顧客のための最先端のインフラストラクチャーへの投資は、今後数年間にわたって、イエナオプティックの開発の基礎となる部分です」とイエナオプティック社長& CEOステファン・トレーガーは言います。

最新鋭の研究所に加えて、テストおよび生産エリア、サービスおよびカスタマーサポート部門も、大幅に拡張されます。 これは、デモンストレーション、研修や講習および会合用の大規模スペースが含まれ、すべて最新の技術を備えています。

イエナオプティックの計測分野事業の対象とする顧客は、自動車産業であり、さらに高精度部品の製造に特化する他の産業からも顧客が増加しています。 製品ポートフォリオは、粗さ、輪郭および計上の空力、タクタイル、光学試験、プロセスと品質管理、寸法と表面検査向けのマイクロメートル精度の接触・非接触生産計測技術とを含んでいます。 将来の開発の焦点は、自動車および産業顧客向けの光学フォトニクス技術に基づくスマート生産とオートメーションソリューションとなっています。

イエナオプティックは、最新の開発および生産設備に加えカスタマーセンターにも投資を行っています。 「自動車セグメントについては、最新の開発および生産設備に加えカスタマーセンターにも投資を行っており、持続的成長を保証します」とCFOおよび部門責任者ハンス・ディーター・シューマッハーは言います。 自動車セグメントでは、例えば、米国ロチェスターヒルズサイトの新技術キャンパスが昨春にオープンしました。 さらに、新しいプラント建設がフランスのバイユーサイトでも進行中です。

イエナオプティックグループの投資は、2017年の3,800万ユーロ弱から、現在の事業年度では4,000万ユーロ以上に増加することが予定されています。

写真はイエナオプティック画像データベースの「最新のイベント」からご利用いただくけます。

イエナオプティックについて

世界で事業を展開する光学技術グループ、イエナオプティックは、 光学 & 生命科学、自動車・交通輸送モビリティ、防衛(ならびに防衛技術を応用した民生製品)の三つの部門で事業を積極的に推進しています。 光分野技術は、大多数の製品およびサービスがフォトニクス市場に提供され、私たちのビジネスのまさに基礎です。 重要なターゲット市場は主として半導体装置産業、医療技術、自動車および機械工学、交通、航空、セキュリティと防衛技術産業を含んでいます。 イエナオプティックは約3,700 名の従業員を擁しており、2017年の総売上は約7億4,800万ユーロでした。