RecommendMail Facebook Twitter LinkedIn

イエナオプティックがベルリンのサイトに投資

イエナオプティックは、高出力レーザーダイオードの需要成長に、技術最先端化とより高いレベルのスタッフ配置で応えています。

クリーンルーム ダイオード研究所

ベルリンでは、イエナオプティックは最新の製造設備に投資し、フォトニクスの中核事業での長期的な競争力を保証します。 新しい設備機械およびシステムにより、イエナオプティックは、ベルリンのアドラースホーフテクノロジーパークを拠点として、高出力レーザーダイオード生産の注文処理を迅速化し、半導体レーザーの持続的な高い需要への対応を進めています。 イエナオプティックは、レーザー半導体素材から顧客固有アプリケーション ソリューションまで、完全なプロセスおよび技術チェーンを提供する、数少ない独立系専門企業の1つです。

新しいいわゆる「ステッパー」は、レーザーダイオードの製造に使用され、生産設備能力、歩留り率および品質を高めます。 したがって、納期を短縮することができます。 同時に、面コーティングの新しい設備にも投資が行われました。 中期的に、数千万ユーロ台前半の範囲への投資が、面コーティング、ウエハー処理およびエピタキシーの3つの生産分野すべてで計画されています。

「迅速化だけでなく、私たちは、非常に高い出力の最先端技術の半導体レーザーの生産および一層の開発を保証するでしょう。」と事業所長ジャーゲンセバスチャン博士は話しています。

イエナオプティックによって製造される半導体バーは、ヘルスケアとライフサイエンスセクターで最先端のセンサーシステムや高度な生産技術での需要が高まっており、自動運転のような自動車産業におけるトレンドを推進していますす。

先端技術加工の専門企業

生産拡大とクリーンルームの拡張に伴い、さらに新規採用も行われます: イエナオプティックは、生産技術エンジニア、マイクロテクノロジー技術者、検査技師、高精度メカニクスエンジニア、医学・化学技術アシスタントのような専門家を雇用します。 全体として、アドラースホーフサイトでのイエナオプティックの従業員数は、今年の年末までに75名に増加することが見込まれています。 生産設備が2006年にオープンした当時はわずか従業員数は18名でした。

イエナオプティックは、さらにトレーニングにも新しいアプローチをとっています: フェルディナント・ブラウン研究所と、アドラースホーフの高周波技術ライプニッツ研究所(FBH)と提携し、イエナオプティックは、FBHのトレーニーのデュアルトレーニングをサポートするトレーニングイニシアチブを始動させました。 具体的には、これは、FBHトレーニーが、期間中にイエナオプティックで産業実務経験を獲得できることを意味します。

イエナオプティックが製造する半導体

2002年には、ベルリンのイエナオプティックダイオード研究所が、フェルディナント・ブラウン研究所からスピンオフし、ライプニッツ高周波技術研究所(FBH)として設立されました。 2006年には、イエナオプティックは、半導体レーザーの先端技術の生産を開始しました。 続く2012年の拡張では約1,000万ユーロが投資され、単独としてはイエナオプティックグループの最大の投資のうちの1つとなりました。 2,900平方メートル(うち950平方メートルはクリーンルーム)が、エピタキシー、ウエハー処理および面コーティングに充てられ、半導体レーザー製造で完全な生産ラインを提供します。

典型的な半導体製造工程では、ウエハーは組み立てられレーザーバーに組み付けが行われます。 ベルリンで生産されたレーザーバーは、世界中の顧客に供給され、高性能ダイオードレーザーに組み付けが行われます。また、イエナのイエナオプティックでは、他のレーザーシステムに統合されます。

イエナオプティック画像データベースから、ヘルスケア&産業 / プレス・ギャラリーで画像のダウンロードが可能です。

イエナオプティックについて | ヘルスケア&産業

イエナオプティックは、世界で事業を展開する光学技術グループとして、光学 & 生命科学、自動車・交通輸送モビリティ、防衛(ならびに防衛技術を応用した民生製品)の三つの部門で事業を積極的に推進しています。

医療産業機器(ヘルスケア&産業)部門では、イエナオプティックは、ヘルスケアおよび産業向けとして、世界中のお客様のためのカスタム製造システムおよびアプリケーションソリューションを開発しています。 事業の焦点は、レーザー、自動車、照射照明アプリケーションと並んで、医療技術やライフサイエンスセクターにも及んでいます。 製品ポートフォリオは半導体チップ、オプトエレクトロニクス、レーザーテクノロジー、ポリマー光学、エレクトロニクスおよびソフトウエアを含んでいます。 イエナオプティックでは、これらを研究、臨床応用および患者自己診断向けの分析と治療のシステムなどを含む生命科学産業向けOEMシステムソリューションおよび製品に組み合わせています。 産業向けアプリケーション分野では、イエナオプティックは材質処理、自動車および消費者電子アプリケーション向け統合ソリューションとならび、高機能オプトエレクトロニクス構成部品およびモジュールも提供しています。 これらには、ヘッドアップディスプレイ向けの複雑な構成部品、ドライバーアシストシステムおよびマシンビジョン向けの革新的なポリマー光学レンズや、拡張現実アプリケーションが含まれています。 レーザー加エ用の産業用レーザーの分野では、イエナオプティックはレーザーの付加価値チェーンの全体をアクティブにカバーしています。