RecommendFacebook Twitter LinkedIn

イエナオプティックは、 OTTO Vision Technology GmbH と OVITEC GmbHの事業取得で計測技術ビジネスを強化

ロゴとフラグ
  • OTTOとOVITECは、光学式2Dおよび3D検査で、品質保証とプロセス最適化システムを専門としています。
  • この取得で、イエナオプティックグループは、生産計測技術および産業イメージプロセシングアプリケーションのシステム供給企業としての地位をさらに拡張します。

イエナオプティックは、姉妹企業OTTO Vision Technology GmbH と OVITEC GmbHの両方の株式の100パーセントを取得しました。 取引条件はすべて今日の時点で完了されます。

OTTO Vision Technology GmbH と OVITEC GmbHは、品質保証とプロセス最適化向けの光学の検査システムと、部品測定分野、表面検査およびポジション検知のアプリケーションの複雑な画像システムを専門とします。 OTTO Vision Technology GmbH と OVITEC GmbHの主要取引先は、主として自動車、絞り加工、硝子工業と、機械設備エンジニアリングセクターとなっています。 両社は、イエナに本部を置き、現在合わせせて32名を雇用し、2018年度の予測収益は約800万ユーロとなっています。 OTTO Vision Technology GmbH と OVITEC GmbHは安定経営を進め、その利益の質はは、グループレベルをわずかに上回ります。

この買収で、イエナオプティックグループの自動車および交通モビリティセグメントの革新的な計測技術ソリューション製品レンジとサービスが強化され、生産計測技術と産業イメージプロセシングアプリケーションのシステム供給元としての市場での地位をさらに拡張します。 両社の製品分野は、開発、生産および流通エリアでシナジーを生成し、イエナオプティックにとって理想的となっています。 その取得により、イエナオプティックで、2Dおよび3D計測技術分野でのアプリケーションエリアが拡大されます。 「2つの企業の買収および私たちの製品分野をあわせて、高精度計測業務および効率的な生産プロセスの総合供給元に向けてさらに一歩を進めます」と、 JENOPTIK AGのプレジデント兼CEO、ステファン・トレーガーは話しています。

OTTO Vision Technology GmbH と OVITEC GmbHはカスタマイズ製品と、複雑な検査業務の問題を解決する広範囲にわたるサービスを提示しています。 「イエナオプティックの生産計測技術の広範囲なノウハウを活用できることに加え、グループの財務基盤の強みおよびそのグローバルな事業範囲の面でも利点があります。国際的な販売活動を今後大幅に拡張することができると確信しています」とラインハルト・オットーは説明します。 ギュンターオットーは次のように付け加えます: 「私の兄弟と私は、この買収を嬉しく思います。イエナが本拠の会社であり、私たちの従業員と家族に長期的な視点がもたらされました。」 オットー兄弟(OTTO Vision Technology GmbH と OVITEC GmbHの設立者)は、引き続き常務取締役を務めます。

イエナオプティックについて

イエナオプティックは、世界で事業を展開する光学技術グループとして、光学 & 生命科学、自動車・交通輸送モビリティ、防衛(ならびに防衛技術を応用した民生製品)の三つの部門で事業を積極的に推進しています。 自動車セクターでは、イエナオプティックは、生産計測技術および3Dレーザーマシンの主導的な製造元企業として高い評価を得ています。 計測技術ポートフォリオには、粗さ、輪郭、形状および寸法測定で、空気式、接触式、光学検査測定のための高精度の接触型および非接触型生産計測技術を含み、製造プロセスのあらゆるステージならびに計測室に対応しています。

OTTO Vision Technology GmbHOVITEC GmbHに関する詳細は企業ウェブサイトでご覧いただけます。