RecommendFacebook Twitter LinkedIn

イエナオプティックが、北アメリカで総額1,200万ユーロを超える規模の2件のオートメーション案件を受注

イエナオプティックグループの企業であるプロドマックスオートメーション(Prodomax Automation Ltd.,)は、北アメリカで総額1200万ユーロあまりにのぼる、2件のオートメーション案件を新規で受注し、2019年の受注状況も、非常に堅調な好スタートを切りました。

Prodomax Automation Ltd(プロドマックスオートメーション株式会社)

2018年中頃に、イエナオプティックは、プロドマックスを買収しました。この企業は、自動車産業のマシンインテグレーションとプロセスオートメーションに特化する専門産業エンジニアリング会社でカナダのオンタリオ州バリーに位置します。

イエナオプティックの Light & Optics(光学部品・光学機器)部門は、自動車市場におけるプレーヤーとして、最先端のレーザー加工テクノロジーを提供してきました。 Prodomaxの複雑で即時に使用できるオートメーション機器のエンジニアリングと統合のノウハウで、イエナオプティックは、今後顧客のビジネスモデルに力を与える、これまで以上に先進的な製造ソリューションを提供できるようになります。この新体制の成功は新規受注により強調されています。

最初の受注は、大手ティア1自動車企業の顧客で、アメリカ南部にある製造工場2ヶ所に関する案件です。 供給範囲には、最先端技術の材料処理およびマテリアルハンドリング・ソリューションを組込んだ、複数の組立ラインが含まれています。 二番目の受注は、ゼネラル・モーターズのプログラムの成功を受けた増産に対応し、2019年中頃に納品と試運転が開始される、アセンブリ・プロジェクトです。

Prodomaxおよびイエナオプティックのオートメーション・ビジネスは、ロチェスターヒルズ(ミシガン州)に位置し、両社の顧客基盤向けの技術ソリューションエンジニアリングでの協力に成功しています。 Prodomaxおよびイエナオプティックのレーザー加工オートメーション・ノウハウは、北アメリカの自動車市場のエンドツーエンドソリューションを推進しています。

写真: キャロリン・ガーヴィーおよびドン・レズリー(Prodomax共同CEO)。

イエナオプティックについて

世界に事業を展開するテクノロジー・グループ企業。 光学技術は、私たちの事業のまさに基礎となっており、製品およびサービスの大多数がフォトニクス市場向けに提供されています。 重要なターゲット市場は、主として半導体装置産業、医療技術、自動車および機械工学、交通、航空、セキュリティと防衛技術産業を含んでいます。 イエナオプティックでは、世界中で約4,000名の従業員が勤務しています。