RecommendMail Facebook Twitter LinkedIn

フォトニクスにさらに注力し、新しいブランド、組織構造および企業文化を立ち上げ

「More Light」(より多くの光を)のスローガンの下で、イエナオプティックは、フォトニクステクノロジーアプリケーション専門企業としての地位を、さらに強化しています。 Strategy 2022 の基礎となる組織構造、企業文化およびブランドといった中核要素のスタートが成功を収めました。 新しいブランド・アイデンティティは、サンフランシスコの「SPIE フォトニクス ウェスト」で初めて公開されました。

フォトニクス ウェスト 2019 でのブランドの立ち上げ

イエナオプティックは、現在、フォトニクステクノロジーアプリケーションの専門企業として、「More Light」(より多くの光を)のモットーを掲げています。 従業員とともに、イエナオプティック社長& CEOステファン・トレーガー博士および北アメリカ光学ビジネス部門のプレジデントのジェイ・カムラー氏は、「SPIE フォトニクス ウェスト」で、展示会来訪者と顧客に、一新されたイエナオプティックブランドのお披露目を行いました。 イエナオプティックは、光学およびフォトニクスの大規模な展示会に出展し、新しいブースで、半導体生産、光学およびフォトニクス分野向けの多数のソリューション、またレーザー加工、ヘルスケアとライフ・サイエンスのアプリケーションを紹介しました。

中核要素となる組織構造、企業文化、およびブランドをわずか10か月で開発

Strategy 2022は2018年2月に執行理事会によって最初に発表されたものです。このフレームワークにのっとり、イエナオプティックは、2019年の初めに、新しい組織構造、新しい価値および新しいブランドの確立に成功を収めました。 これらの3つの中核要素はわずか10か月という短期間で開発されました。

2019年1月1日から、イエナオプティックグループは、3つの明確なポジショニングを行ったフォトニクス部門を持つ新しい組織構造で、将来の成長を支援します。 この3つの部門は、ビジネスモデル、および市場と顧客についての共通の理解に基づいたものです: グローバルOEM事業向けの Light & Optics(光学部品・光学機器)部門、工業顧客事業向けのLight & Production(工場向け測定器・計測システム)部門、また公共部門顧客向けのLight & Safety(交通管理システム)部門です。 イエナオプティックのメカトロニクス・ビジネスは、新しいVincorionブランドの下で2018年の秋に合併され、既に顧客から多くの肯定的な反響を得ており、成功を収めています。

「More Light」(より多くの光を)のスローガンの下で、企業ブランドプレゼンテーションが新たに全面改定され、より多くの配色が使用されたオープンなデザインで、新しい企業価値「Open」(オープン)、「Driving」(加速)、「Confident」(確信)を反映しています。 その第一歩として、世界でおよそ4,000人にのぼる、イエナオプティック従業員に、2019年1月付で、全社的な「More Light」(より多くの光を)ツアーを通して、これらの変更が周知されました。

従業員と多くの顧客が示した、新しいイエナオプティックの基本的な方向性

新しいブランドポジショニングと新しい価値は、Strategy 2022を最大限サポートするものであり、最近の数か月の全社プロジェクトを通じて開発されました。 その初めに行われたのは、従業員と顧客を対象とした、包括的な分析と調査でした。 「私たちにとって最初に、会社を最も良く知るすべての人々の声を聞き、その忌憚のない発言を得ることが重要でした。 興味深いことに、世界中のすべての拠点で、従業員が行った今日のイエナオプティックの評価と、変化が必要として挙げられた点は、非常に似かよっていました。」イエナオプティック社長&CEOステファン・トレーガー氏は、過去数か月のこの集中プロセスに関して、このように説明しています。 「現在取り組むべき課題は、社内で作り出されたものを、実際に定着させ、イエナオプティックを今後数年間に向けて準備することです。」 「会社内の価値および共通ブランドの確立に加え、今年となる2019年の会計年度の焦点は、特に生産の卓越性、プロセス展望での革新の増強およびアジアビジネスの拡張に置かれています。」

イエナオプティックは、2019年2月13日に昨年度の事業開発状況についての情報を公開します。

イエナオプティックについて

フォトニクスは、生活の質と環境を改善します。 私たちは、光の持つポテンシャルを活用し、よりよい未来を築きます。 イエナオプティックは、2017年には、世界80か国以上に事業所を構え、収益はおよそ7億4800万ユーロとなりました。 私たちは、ドイツの主要拠点に加え、ヨーロッパ、米国およびアジアに、生産と組立の拠点を維持し、世界で約4,000人を雇用しています。