RecommendMail Facebook Twitter LinkedIn

イエナオプティックは、およそ2000万ユーロにのぼる新しい自動車産業で新規受注を獲得

オートメーション・ソリューションへの強い需要トレンドは継続し、北アメリカで新規受注を獲得。

Prodomax Automation Ltd(プロドマックスオートメーション株式会社)

イエナオプティックのオートメーション・ビジネスは、グループ企業Prodomax Automation Ltd(プロドマックスオートメーション株式会社)と共同で、自動車産業で製造の効率化推進に貢献する事業案件を受注しました。

最初の受注は、大手ティア1自動車産業の顧客からのもので、ミシガンの製造工場に、新しいSUVプログラムの下部構造の構成部品を供給します。 供給範囲は、従来型溶接技術に加え、マテリアルハンドリング・ソリューションを組込んだ組立ラインを含んでいます。 二番目の受注は、自動車座席構成部品の生産向けに納品と試運転を行う、自動アセンブリシステムです。 三番目の受注は、電気自動車(EV)プログラム用バッテリーパックの構造の溶接およびモジュール組立てシステムです。 これらの注文のほとんどが、2019年にイエナオプティックのLight & Production(工場向け測定器・計測システム)部門の販売利益に算入されます。

2018年中頃に、イエナオプティックは、事業買収により、カナダの会社Prodomaxを獲得しました。同社は自動車産業に焦点をあてたマシンインテグレーションとプロセス・オートメーションに特化する企業です。 イエナオプティックとProdomaxは顧客ベースを統合し、技術オートメーションソリューションエンジニアリングで、共同事業を成功させました。 Prodomaxのオートメーション・ノウハウおよびイエナオプティックのレーザー加工技術の経験をあわせることで、オートメーション産業でのエンドツーエンドアプリケーションソリューションを推進します。

「Prodomaxとイエナオプティックの専門技術を組み合わせることで、私たちのオートメーション事業は、高度なターンキー製造システムの統合プロバイダーへの道を進むことができます ― 新規受注はこの成功を強調しています。」イエナオプティック社長& CEOステファン・トレーガーは言います。

同年の初めに、イエナオプティックは、北アメリカでオートメーション・ソリューションを既に2件受注しており、その契約高は計1200万ユーロ以上にのぼりました。

写真: キャロリン・ガーヴィーおよびドン・レズリー(Prodomax共同CEO)。

イエナオプティックについて

イエナオプティックのLight & Production(工場向け測定器・計測システム)部門は、製造工程の最適化を進めるグローバルな専門技術事業です。 長年の経験および産業測定テクノロジー、光学検査、最新のレーザーに基づいた材料処理、そして非常に柔軟なロボットに基づいたオートメーション分野のノウハウによって、私たちは自動車、航空宇宙、ヘルスケアおよびその他製造業の顧客向けに、特注の生産ソリューションを開発することができます。

私たちはグローバル自動車市場で地位を確立した主要サプライヤーです。 私たちは日々、柔軟性、生産性および種類の多様化などに関する現代の課題に取り組み、複雑な産業ソリューションの需要の成長に対し、機械の統合およびプロセス・オートメーションで応えます。 開発と最適化のパートナーとして、私たちは重要なテクノロジーを組み合わせることにより、顧客の戦略的課題への取り組みを支え、市場と顧客にあわせた個別のシステムを新しいレベルに導きます。