RecommendMail Facebook Twitter LinkedIn

単一の製造元からの高精度調整済み光学システムを搭載した安定したレーザー製造プロセス

UVからIRまでの波長のレーザー製造システム、光学およびマイクロ光学成形レーザー光の中核要素。 イエナオプティックは光学部品の提供に加え、回折の光学素子とあわせたF-シータ・レンズの供給も行っています。

パルスコンプレッション回折格子(PCG)

ミュンヘンで開催される、構成部品、光技術システムおよびアプリケーション分野の世界的な展示会「LASER World of PHOTONICS 」で、イエナオプティックは材料処理、レーザー生産、イメージ処理およびソフトウェアソリューション向けの製品レンジとサービスの出展を行います。

ミュンヘンで2019年6月24日から27日にかけて開催されるLASER World of PHOTONICSで、ぜひ#A3.320の当社ブースにお越しください

高画質の画像は、イエナオプティック画像データベース内のLight & Optics(光学部品・光学機器)部門 | プレスギャラリーからダウンロードしてご利用いただけます。

多重点アプリケーション向けの効果的なレーザー生産

イエナオプティックは、機械インテグレーター向けに、F-シータ・レンズおよび互換性をもつ回折マイクロ光学システムなど、事前整列調整済み光学システムを供給します。 これらは顧客のニーズにより迅速に応えることができ、またシステムの効率を高めることが可能になります。 例えば、多重点アプリケーションでは、同じレーザースポットを、均質なエネルギー入力および一貫した質のワークピースにあわせて整列できる場合があります。

互換性のある光学システムの利点としては、ほとんど無損失のビーム処理、レーザー・プロダクション・システムの性能改善、正確な生産結果が含まれます。

工業用レーザー生産および半導体装置産業の様々なプロジェクトで深い経験を持つOEMサプライヤーとして、イエナオプティックは個別アプリケーションにあわせて、カスタマイズされた光学サブシステムおよび構成部品を提供することができます: 例えば、微細金属マスキング、太陽光パネル組立、LED切断、回路基板の穿孔と切断、プラスチック、金属、またガラスディスプレイ生産およびレーザー加工などのアプリケーションを対象としています。 多様なアプリケーションにあわせてさまざまに異なる光学部品を組み合わせ、顧客のニーズにあわせた製品を提供できます。

回折光学素子 (DOE)

レーザー加工アプリケーションにおけるレーザー光線の成形と分割は、ミクロ回折光学部品に依存しています。 アプリケーションおよび要件に合わせて、ビーム・シェーパーおよびビームスプリッターを組み合わせ、さまざまに異なるスポット形状を作成することができます。

ビームスプリッターは、産業内で一般にレーザー・ビームの並列化のために、側面の配置で使用されています。 これは、多数のワークピースの同時処理を行う多重点アプリケーションを促進します。 その他アプリケーションでは、スポットのアキシャル方向の整列が要求されます。これは、1点のみのアプリケーションと比較して、例えば処理強度を高め、切削速度を増加させるためです。

イエナオプティックでは、焦点シェーパーのようなアプリケーション特有の回折光学素子を提供しています。 これらは基板の異なる層内で高速・効率的なレーザー切断を同時に行うことができ、かつ均質で正確なレーザー・スポットを維持します。 焦点シェーパーの光学設計は、3D材質処理に及ぶ広範囲のアプリケーションが考慮されています。

さらに、イエナオプティックは効率が増強された e²® トランスミッション回折格子を提供しています。これは、レーザー源のパルスコンプレッションとして、レーザーの効率を増加させるだけでなく、UVからIRまでのレーザーダイオードのビーム・コンバイナーとしても使用されます。

その高度な生産技術により、イエナオプティックは精度と耐久性で極めて優れた要件を満たし、高性能アプリケーションにも対応します。

UVマイクロ材質処理のための新しいF-シータレンズ

イエナオプティックでは、レーザー加工用 JENarTM F-シータ範囲に新しいUVレンズを加えました:新しい融解石英F-シータ・レンズは、355ナノメーターのアプリケーション向けとして、56ミリメートルの焦点距離および22ミリメートルの走査範囲を持ちます。 アプリケーションに応じて、この光学装置は、4.5ミクロンまでの非常に小さなスポット直径に対応します。 このレンズは、特にマイクロ材質処理、および超短パルスアプリケーション向けに設計されています。

イエナオプティックのF-シータ・レンズ範囲は、マイクロおよびマクロ材質レーザー加工でほとんどすべての標準手法の必要条件を満たします。 イエナオプティックのF-シータSilverlineシリーズレンズは非常に堅固で、高い損傷しきい値を持ちます。

認証済みクリーンルーム内での接着剤を使用しないレンズ取付技術および組立により、すべてのレンズが、汚染から保護され、高度な耐久性が保証されています。 イエナオプティックでは、各レンズを個別にテストし測定することで、その高い品質基準を保証しています。 製品またはプロセス要件により、レンズ交換を行うアプリケーションでは、レーザーシステムに大規模な調節を行うことなく、F-シータ・レンズを交換することができます。

写真: さらに、イエナオプティックは効率が増強された e²® トランスミッション回折格子を提供しています。これは、レーザー源のパルスコンプレッションとしても、UVからIRまでのレーザーダイオードのビーム・コンバイナーとしても使用されます。 著作権: カート・ロクティ、イエナオプティックの依頼による。

イエナオプティックとLight & Optics部門

イエナオプティックは、世界的に事業を展開する、テクノロジーグループ企業です。 光分野技術は、私たちの事業のまさに基礎となっており、製品およびサービスの大多数が、フォトニクス市場向けに提供されています。 重要なターゲット市場は、主として半導体装置産業、医療技術、自動車および機械工学、交通、航空、セキュリティと防衛技術産業を含んでいます。 イエナオプティックでは、世界中で約4,000名の従業員が勤務しています。

Light & Optics部門は、グローバルなOEMサプライヤーとして、フォトニクステクノロジーに基づいたソリューションと製品の供給を行っています。 イエナオプティックは、幅広いテクノロジーポートフォリオと、光学、レーザーテクノロジー、デジタル画像、オプトエレクトロニクスおよびソフトウェア分野で、25年以上に及ぶ深い経験を提供します。 私たちの顧客は、半導体機器、レーザー加工、ヘルスケア&ライフサイエンス、産業オートメーション、自動車&モビリティおよび安全性関連事業などで使用される機械および機器を供給する大手メーカーや、科学研究機関です。 開発と生産のパートナーとして、Light & Optics部門は、私たちの最先端技術の推進により、顧客のシステムパフォーマンスを改善することに注力し、また究極的には、高度に統合された光子ソリューションにより、プロダクトの結果を新しい高みに導くことを目指します。 フォトニクステクノロジーに基づいたシステム、モジュールおよび構成部品は、私たちの顧客の将来の挑戦の克服を支援します。