RecommendFacebook Twitter LinkedIn

イエナオプティックが赤外線光学事業で長期契約を受注

イエナオプティックが特殊先進技術による赤外線光学機器をラインメタル社に供給

『光分野への注力(More Light)』を掲げて

フォトニクスグループ イエナオプティックでは、ラインメタル社に2020年から2025年にかけて、赤外線光学部品の供給を行います。 包括協定として、ドイツの防衛およびセキュリティ技術企業と最近締結された契約総額は、数百万ユーロ台の後半にのぼっています。 その納品内容は、カスタム開発の高品質で高精度の赤外線光学機器を含んでおり、陸地車両で兵士の活動を保護するために使用されます。

イエナオプティックは、個々の顧客必要条件に合わせたOEMソリューションに注目する、光学部品および赤外線スペクトル域用システムの主導的メーカーです。 この納品は、光学機器の製造および光学素子の質を保護し改善するコーティングで、長年にわたる広範囲の専門知識に近づきます。

イエナオプティックについて

イエナオプティックは、世界で事業を展開するテクノロジーグループ企業です。その事業はフォトニクスに基づく Light & Optics(光学部品・光学機器)部門、Light & Production(工場向け測定器・計測システム)部門、Light & Safety(光学・安全)部門の3つの部門に分かれています。 光分野技術は、私たちの事業のまさに基礎となっており、製品およびサービスの大多数が、フォトニクス市場向けに提供されています。 重要なターゲット市場は、主として半導体装置産業、医療技術、自動車および機械工学、交通、航空、セキュリティと防衛技術産業を含んでいます。 JENOPTIK AG (A2NB60) は、フランクフルト証券取引所に上場しており、世界中で4,100名を超える従業員を雇用しています。2019年には、およそ8億5,500万ユーロの収益を達成しました。