RecommendFacebook Twitter LinkedIn

重要な温度追跡 - イエナオプティックが赤外線カメラ供給契約を勝ち取る

イエナオプティックとInfraTecは、非接触測温分野でのパートナーシップを継続しています。

サーモグラフィカメラ VarioCAM® HD

最近署名された協定では、2020年通期で、ドレスデンが本拠のInfraTec GmbHに、ハイエンド携帯型と静止型赤外線カメラおよび赤外線レンズの供給を行います。これは、数百万ユーロの価値となります。 世界のサーモグラフィユーザーが、ドイツ中部の実証済み技術およびアプリケーション専門知識を活用しています。

イエナオプティックのVarioCAM® HDシリーズ中の非冷却サーモグラフィカメラは、熱分配の詳細な画像を提供し、高精度の非接触温度測定を提供します。 高分解能と個別の放射計較正で、サーモグラフィの測定データの最適な品質を保証します。 例えば、携帯型と静止型赤外線カメラは、再生可能エネルギー分野研究開発や軽い構造上の構成部品の生産に使用されます。 これらはヒート・ロスや温度偏差を検知するために使用され、気候変動の抑制や、生産効率に大きく貢献しています。

空港や駅等輸送ハブの熱検知で使用されるサーモカメラの需要も高まっています。イエナオプティックのVarioCAMRカメラのような赤外線カメラは、高解像度の非接触測温技術の支援により、効率的に大人数をチェックすることができます。

イエナを本拠とするフォトニクス専門企業イエナオプティックと、ドレスデンが本拠のサーモグラフィ専門企業InfraTec GmbH Infrarotsensorik und Messtechnikは、非接触測温技術分野で30年間におよぶ既存のパートナーシップの継続に合意しました。

高解像度の製品画像は、 イエナオプティックメディアライブラリーからダウンロードできます。

イエナオプティックとLight & Optics(光学部品・光学機器)部門について

イエナオプティックは、世界で事業を展開するテクノロジーグループ企業です。その事業はフォトニクスに基づく Light & Optics(光学部品・光学機器)部門、Light & Production(工場向け測定器・計測システム)部門、Light & Safety(光学・安全)部門の3つの部門に分かれています。 光分野技術は、私たちの事業のまさに基礎となっており、製品およびサービスの大多数が、フォトニクス市場向けに提供されています。 重要なターゲット市場は、主として半導体装置産業、医療技術、自動車および機械工学、交通、航空、セキュリティと防衛技術産業を含んでいます。 JENOPTIK AG (A2NB60) は、フランクフルト証券取引所に上場しており、世界中で4,100名を超える従業員を雇用しています。2019年には、およそ8億5,500万ユーロの収益を達成しました。

Light & Optics部門は、グローバルなOEMサプライヤーとして、フォトニクステクノロジーに基づいたソリューションと製品の供給を行っています。 イエナオプティックは、幅広いテクノロジーポートフォリオと、光学、レーザーテクノロジー、デジタル画像、オプトエレクトロニクスおよびソフトウェア分野で、25年以上に及ぶ深い経験を提供します。 私たちの顧客は、半導体機器、レーザー加工、ヘルスケア&ライフサイエンス、産業オートメーション、自動車&モビリティおよび安全性関連事業などで使用される機械および機器を供給する大手メーカーや、科学研究機関です。 開発と生産のパートナーとして、Light & Optics部門は、私たちの最先端技術の推進により、顧客のシステムパフォーマンスを改善することに注力し、また究極的には、高度に統合された光子ソリューションにより、プロダクトの結果を新しい高みに導くことを目指します。 フォトニクステクノロジーに基づいたシステム、モジュールおよび構成部品は、私たちの顧客の将来の挑戦の克服を支援します。