RecommendMail Facebook Twitter Google Plus LinkedIn

コンパクトで極めて信頼性が高い:航空機システムの加熱制御装置

Jenoptikのエネルギー効率の高い加熱制御装置は加熱装置の温度を確実に監視、調整して着氷を防いでくれます。

暖房装置を航空機内部、航空機の中で効率的かつ確実に制御、調整するには、適切な制御ユニットが必要です。Jenoptikの加熱制御装置は重要なコンポーネントと発熱体の 温度を継続的に監視し 着氷を防ぐために加熱装置の出力を正確に調節いたします。加熱制御装置はその耐久性、信頼性、そして特に省エネ、燃料節約、コスト削減など エネルギー効率 に優れた魅力的な製品です。また 自動監視機能 を盛り込んだり、コントローラー操作を タッチパネルを通して行うことができます。

加熱制御装置は極めて信頼性が高く、軽量コンパクトで省スペースです。当社は 最大32チャンネルを備えた制御装置を提供しています。全モデルはJenoptikの加熱装置と完全に連動します。また、当社が幅広い分野で提供する24時間体制のAOG カスタマーサービスもご利用いただけます。サポートが必要な時にはいつでも世界中に配置された当社の専門スタッフが年中無休24時間体制でお手伝いさせていただきます。

利点

  • 高品質優れた耐久性と信頼性。
  • コスト節約:優れたエネルギー効率、最大限の信頼と最小限のライフサイクルコストにより低コストを実現
  • 高いエネルギー効率 :優れたエネルギー効率:
  • 認証済み:航空産業の高い要求に準拠。
  • コンパクト:小型軽量。

適用分野

  • 航空業界:民間機、軍用機用加熱システム。

製品プレビュー

Jenoptikの認証済み加熱制御装置について詳しく知る:

加熱制御装置 VHCU – 12 または 8 チャンネル

加熱制御装置は、水道管、ドレインマスト、フロアプレートなどの航空機の電気発熱体を監視および制御します。製品は排気口や空調システムの通気口も調整します。制御装置は必要に応じて8チャンネル、または12チャンネルで利用が可能です。すべての 必要な加熱パラメーター は、設定モジュールに保存され、データと制御装置の接続が確立されます。これにより 制御装置をローカルで使用し、必要に応じて置き換えることが可能となります。

Jenoptikの加熱制御装置は接続された暖房機の電気配線を監視し、ケーブル絶縁の不良を検出するため、過電圧や関連する障害を防ぎます。また加熱制御装置をディスプレー、キャビン通信システムまたは航空機保守システムの搭載されたオペレーティングパネルに接続するオプションもご用意しています。




加熱制御装置:IPCU防氷管理装置 – 32チャンネル

航空機内外で電気発熱体を管理するためにJenoptikの最先端の加熱制御装置をご利用ください。全モデル共に 軽量コンパクト設計高い信頼性 優れたエネルギー効率で好評をいただいています。加熱制御装置は最大32チャンネルを装備し、 極めて柔軟多機能な装置となっています。

すべての加熱パラメーターは 設定モジュールに保存されており、ローカルで制御装置を利用し、簡単に置き換えることができます。個別のキャビンや加熱装置に異なる加熱パラメーターを設定することも可能です。加熱制御装置は継続して自動的に接続された暖房機のケーブル絶縁を監視し、危険な過電圧を防止します。温度操作パネルを装置に接続すると、パネルは各ヒーターの温度を表示します。加熱制御装置はキャビン通信システムまたは航空機保守システムと接続することも可能です。


さらにダウンロードする

製品に関する推奨事項

ご質問がおありですか?詳細情報につきましては当社にお問合せください。

Sales Heating Systems

+49 4103 60-5177 or -5453

+81 045-345-0003

+81 045-345-0013

個人情報

Salutation

お問い合わせ

* = 必須欄です。ご記入ください。