RecommendMail Facebook Twitter Google Plus

軍用プラットフォームでのインテリジェントなエネルギーシステムカスタマイズされ効率的

当社のエネルギーシステムはお客様の厳しいご要求にお応えいたします。当社システムは強力で信頼性の高い電力供給と低燃費を提供します。

Jenoptikの軍事プラットフォーム用エネルギーシステムカスタマイズされ高効率

Jenoptikは民間および軍事車両、可搬型プラットフォーム、据え置き型システム等、幅広い用途向けの電気エネルギーシステムを開発、製造しています。このようなシステムは 独立して、または、主エンジンと組み合わせて電源を確保します。エンジンや主要装置の電源がオフになっていても、システム全体がいつでも使えるよう、内臓電子回路、センサーシステム、換気装置、空調は動作し続けています。同時に燃費、熱発生、エンジン音は最小限に抑えられます。アキュムレーターを追加することで車両の走行距離が伸び、任務の拡大が可能になります。。

部隊保護への高まるニーズは軍事プラットフォームのエネルギー需要を押し上げる要因の1つに過ぎません。すべてのエネルギーシステムはプラットフォームに要求される形で電力を供給します。電力、容量、電圧、電流、周波数はすべて個々の製品や技術革新をされた高圧電力が必要な製品に最適となるよう調整されます。これを達成するため、イエナオプティックは 国内外での用途ですでに問題なく使われている実証済みの最新の技術の製品を提供しています。問題となっている特別の車両を使用する場合、発電機、交流発電機、パワーエレクトロニクス、電気構成部品などの当社のサブシステムが相互に最適に調整され、プラットフォームに送られるエネルギーが賢く、極めて効率的に制御を可能にします。Jenoptikはこれらすべての分野に数十年にわたる経験をもっています。

当社は カスタマイズされた完全なシステムまたはシステムソリューションおよび標準化されたサブシステムと構成部品のどちらも提供します。後者(サブシステムと構成部品)は最小限の労力でご要望にお応えできるよう柔軟な設計になっています。このように、車両を低コストで最新化し、性能と可用性の水準を引き上げます。すべての新規開発のシステムは、HiL(hardware-in-the-loop)シミュレーションの中で厳しい試験を受け最適化の対象となります。またシミュレーションでは実環境を再現した試験を実施いたします。このようなアプローチを取ることによって、最短期間で お客様の要件を確実に満たした 個々のエネルギーシステムをお出しすることができます。

当社の専門スタッフは 製品の全ライフサイクルを通してお世話をさせていただく窓口になります。 陳腐化管理総合ロジスティックサポートの一環として、当社は何十年もの間必要な スペアパーツ の供給と定期的保守をしております。このようにして製品の全ライフサイクルを通してお客様のシステムが使用可能であることを保証します。

メリット

  • 安全な投資:製品の全ライフサイクルを通して低コスト
  • 高い信頼性:最大の可用性と操作性
  • 柔軟性:既存のシステムを迅速、シンプルな方法で更新。
  • 効率的:高水準の効率を達成しつつ燃費を削減
  • 実証済み:国内外の数多くのプロジェクトで実証、試験済み。
  • モジュラー:規格品を採用、もしくは個々のシステムを計画、設計。

応用分野

  • セキュリティーと防衛技術:システムハウスと調達組織。
  • 軍事プラットフォーム用電源:軍事車両の換気と空調。

製品プレビュー

最も厳しい要求を満たすインテリジェントエネルギーシステム

組み込まれたシステムソリューションおよびモジュラータイプの標準品

Jenoptikの軍事プラットフォーム用エネルギーシステムカスタマイズされ高効率

当社の総合エネルギーシステムは 内蔵システムの電源を確保し 電子機器、センサーからファン、ターレット駆動装置、兵器安定化システムに至る様々な機器の需要に合わせて安定的な電力を提供します。ますますエネルギー要求の高まる軍事車両の要件を満たしたシステムの構造はモジュラータイプで、効率的かつ強力です。システムは 軍用向けの資格を得ており 20 ~500 kWの範囲を確実にカバーします。

システムはディーゼル電気発電機または統合されたスターター発電機、パワーエレクトロニクス装置、アキュムレーター、制御電子装置で構成することが可能です。Jenoptikをワンストップショップとしてご利用になれば、完璧に調整された総合エネルギーシステムに接することができます。

Jenoptik、インテリジェントエネルギーシステムのハイブリッド技術

インテリジェントエネルギーシステムの構成レベル:

  • 基礎レベル:交流発電機とコンバーターは電力を生成し、安定化した高電圧バスで利用が可能になります。これにより車両からの電力供給レベルが大幅に上がります。

  • 第1レベル:28Vオンボード電気システムは 双方向 DC-DC コンバータを通して、高電圧バスに接続されます。これにより交流発電機をスターターとして利用し、28Vオンボードシステムに加えて、従来のスターターを冗長化システムとしてサポートすることが可能になります。このアプローチを取ることで従来の28V交流発電機の節電が可能となります。
  • 第2レベル:DC/ACコンバーター型のグリッド形成インバーターは230/400-V、50-Hzまたは115/200-V、60-Hzの三相電圧グリッドを使って電力を車外の機器に提供することができます。この設定により車両を可搬式補助動力装置(APU)として使用することが可能です。

  • 第3レベル:ハイブリッド制御装置導入により、開始・停止機能やインテリジェントAPUモードを含む完全なハイブリッド機能を車両で達成することが可能です。

  • 第4レベル:車両で確実に幅広いハイブリッド機能が使えるようにするため、さらにDC/DCコンバーターが追加されています。この追加コンバーターによりシステムに高電圧電池を搭載することが可能になります。その結果、高電圧バス上のすべての製品は、主エンジンを使わずにこれらを動作させることができます。追加の倍力機構を通して制動と運転動特性が高まる時の回生を通して燃費が抑えられます。


ハイブリッド技術を備えたエネルギーシステム

省燃費で高性能の駆動技術は軍用車両でますます重要になっています。Jenoptikはこのことを念頭に置き、ハイブリッド機能の搭載が可能なエネルギーシステムを提供しています。このようなシステムは 搭載システムや駆動装置に電力を確実に供給し 、全体的な効率、製品寿命、システムの性能を向上します。電源は個々の要望を満たすよう設定され、搭載されています。

さまざまなレベルのハイブリッド設定のある駆動装置と電源

  • 従来の駆動装置
    機械駆動軸は内縁エンジンからホイールまで直接動作します。通常の状況下で発電機または28V 交流発電機は搭載システムに電力を供給します。駆動システム内には他の電気機械は搭載されていません。主エンジンのみを使用する欠点は燃料消費率の高さやその結果としての排ガス、熱やエンジン音の放出です。

  • 追加の電気駆動装置:
    従来の駆動装置に加え、出力性能を強化した交流発電機がパワートレインに組み込まれています。この交流発電機は大量の電力を必要とする補助機器などの構成部品に提供します。この交流発電機を動かすには燃料エンジンを動かす必要があります。

  • パラレルハイブリッド駆動装置:
    パラレルハイブリッド駆動でも、燃料エンジンと駆動装置は機械的接続によって結びついています。この構成レベルの交流発電機は、このように連結し接続しているため、両方とも交流発電機とモーターして稼働します。すなわち、両方が発電機と駆動装置であるということです。追加のエネルギーアキュムレーターは電力を蓄え取り出すのに役立ちます。このアキュムレーターの容量は通常の搭載電池の容量を超えています。

    電気的な支援は必要に応じてたとえば「ブーストモード」などで有効化できます。理想的なシナリオでは、車両を従来の方法、純粋な電気駆動(例「サイレントモード」)、ハイブリッドモードのいずれかで操作することが可能です。

  • ディーゼル電気駆動装置:
    ディーゼル電気駆動装置は燃料エンジンと駆動装置間の機械的接続がないのが特徴です。構成部品は直列に電気接続されています。交流発電機は、燃料エンジンによって機械エネルギーを電気エネルギーに変換します。駆動モーター、変速機を搭載したディーゼル電気駆動装置とホイールハブモーターを搭載したディーゼル電気駆動装置のどちらも利用が可能です。

  • シリアルハイブリッドドライブ:
    シリアルハイブリッドドライブはエネルギー保存装置を搭載したディーゼル電気駆動装置(上記参照)を補完するため、電気エネルギーは一時的にたとえば電池などに保存することが可能です。この設定により、連続的な電源出力で燃料エンジンを動かすオプション、また必要に応じて(「ブーストモード」)電池に追加エネルギーを要求するオプションが可能になります。反対に、車両が停止している時、燃料エンジンは電力レベルで動作を続け充電することができます。 

  • 電気駆動:
    電気駆動装置があれば燃料エンジンは必要ありません。主電動機に必要なすべての電力はエネルギー蓄積装置(電池)または燃料電池から供給されます。この設定により、すべてにおいて排気ガス放出がなく熱の発生も抑えられ、はるかに静かに走行することが可能となります。このような特徴から電気駆動装置は軍事セクターやその先にあるもので魅力ある選択肢となっています。パワートレインの純粋な機械部品の大半は必要としないことから、機械的摩耗、保守点検、設置スペースはすべて抑えることができます。

電気システム構成部品:

  • インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター (ISG):
    ベアリングのない永久磁石励磁同期モーター。この部分は交流発電機かモーターとして動作させることが可能です。

  • 交流発電機コンバーター:
    交流発電機の可変電圧を自動的に合わせて、高電圧バスを定電圧に安定化し、起動時の機能を提供する双方向AC/DCコンバーター

  • オンボードシステム供給:
    高電圧グリッドと28Vオンボードシステムの間のインターフェースとしての双方向DC/DCコンバーター。

  • グリッド構成インバーター:
    不平衡負荷を処置する性能をもつ三相AC電圧グリッドを生成するための一方向DC/ACコンバーター

  • 高電圧電池電流レギュレーター:
    電池の可変電圧を安定化した高電圧バスから切り離すための双方向DC/DCコンバーター。

  • ハイブリッド制御装置:
    通信を円滑化するために、すべての高電圧の構成部品を主エンジンと変速機につなげる機器すべての構成部品間の優れた相互作用により幅広い機能の導入が可能となります。

パトリオット防空システム用電源システム

Jenoptikのパトリオット防空システム用電源システム

Jenoptikの可搬式エネルギーシステムは防空システムに電力を安定的に供給しつつ、同時に貴重な燃料を節約するために利用されています。電源システムは指令所、発射装置、射撃管制装置、レーダーシステムからの完全なエネルギー要求を満たしています。当社の 電気機械における何十年にもわたる経験 により、すべてのシステムの構成部品が相互に最適な効果を得られるよう調整することが可能です。発電機は極めて 高い出力密度と最適な効率 を示すとともに 非常にコンパクト な設計になっています。

当社は特に パトリオット ミサイル防衛システム用の ハイブリッド電源システム を開発しました。この電源システムは5 kVAのブラシレス永久磁石励磁三相同期交流発電機と水冷式ディーゼルエンジンを組み合わせています。またピーク負荷を吸収するために超コンデンサーが使用されています。したがって、ディーゼルエンジンからすべての潜在的な負荷をなくすために寸法を調整する必要がありません。一時的な「サイレントモード」は始動時のエンジン音を軽減します。

発射装置用ディーゼル電気ハイブリッド電源システム:

ハイブリッド発電機:

  • Jenoptikの三相同期交流発電機 5 kVA、 208 V / 120 V、 400 Hz

  • 永久磁石励磁、ブラシレス

  • パーキンス社ディーゼルエンジン、水冷式 3600 rpm

統合された静止形コンバーター:
  • 10 kVA, 208 V / 120 V, 400 Hz

  • 50 Hz / 60 Hz グリッドからの電源

超コンデンサー:

  • 最大負荷を吸収

  • 超コンデンサー駆動によるエンジン起動

  • 一時的「サイレントモード」

  • ディーゼル発電機はすべてのピーク負荷をなくすために寸法を調整する必要がありません。

その他の発電機、コンバーター、構成部品:

ディーゼル発電機セット

  • レーダーおよび射撃管制ステーションに同時に電源供給するための2 x 150 kW

  • イエナオプティックの三相同時交流発電機、ブラシレス、空冷式、二軸受け設計

  • ドイツ社ディーゼルエンジン、空冷式

ディーゼル発電機セット

  • 指令所への電源供給用の2 x 30 kW

  • イエナオプティックの三相同時交流発電機、ブラシレス、空冷式、二軸受け設計

  • ドイツ社ディーゼルエンジン、空冷式

ディーゼル発電機セット

  • 発射装置への電源供給用の2 x 15 kW

  • イエナオプティックの三相同時交流発電機、ブラシレス、空冷式、二軸受け設計

  • ドイツ社ディーゼルエンジン、空冷式

回転式コンバーター:

  • レーダー射撃管制ステーション指令所発射装置への電力供給用の150 kW、30 kW、15 kW)

  • 50 Hz / 60 Hz 配電線の電源

MEADS防空システム用電源システム

中距離拡大防空システム – MEADS

可搬式MEADS防空システム (中距離拡大防空システム – MEADS)への電源供給用ディーゼル発電システム

ひと目で分かる個々の構成部品

ディーゼル電気発電システム:

  • 発射装置への電源供給用の12 kW、208 V、 60 Hz

  • Jenoptikの三相同時交流発電機、ブラシレス、空冷、二軸受け設計

  • パーキンス社ディーゼルエンジン、水冷式

  • 50 Hz / 60 Hzグリッドから電源供給用の別個静止型コンバーター

ディーゼル電気発電システム:

  • レーダー、通信装置への電源供給用350 kW, 480 V、60 Hz

  • Jenoptikの三相同時交流発電機、ブラシレス、空冷式、二軸受け設計

  • ボルボ社ディーゼルエンジン、水冷式

  • 50 Hz / 60 Hzグリッドから電源供給用の別個回転コンバーター grids

さらにダウンロードする

お勧めの製品

ご質問がおありですか?詳細はお気軽にお問い合わせください。

Sales military energy supply systems

+49 4103 60-4786

+81 045-345-0003

+81 045-345-0013

Sales Air Defense Peak Power Solutions

+1 (202) 316-9502

個人情報

Salutation

* = 必須欄です。ご記入ください。

お問い合わせ