RecommendMail Facebook Twitter Google Plus LinkedIn

LDS30レーザー距離センサー:自然物の表面でも超高速測定

小型のレーザー距離計LDS30シリーズは低反射面、自然物の表面計測用に設計され、測定周波数は30 kHzです。

小型のレーザー距離センサーLDS30シリーズは低反射の自然物の表面の測定が可能で、測定周波数は30 kHzです。 LDS30シリーズはスキャンと近接検出用途に設計されました。

LDS30シリーズはタイムオブフライト測定原則を用いており、30mの距離、反射率10%の反射表面でも計測でき、目に安全なクラス1レーザー (波長905 nm) を使用しています。 リフレクタを使用した表面や特殊なターゲットなら、測定範囲は 最大250メーターまで拡張が可能です。

極めて コンパクト、軽量で硬化ケースの筐体をもつLDS30シリーズレーザー距離計は通常の産業用途での衝撃にも対応しています。また筐体の改善により、LDS30シリーズは塵の侵入、水分含浸が起こりにくくなっています (IP67 / NEMA 6準拠)。

すぐに取り付け可能な LDS30には他のLDMシリーズレーザー距離センサーにと同じく完全な 接続オプション (RS-232、RS-422、RS-485、Profibus、SSI) と共にアナログおよびデジタル出力ユーザー個別のパラメータ設定が可能になります。

メリット

  • 迅速性:測定周波数 30 kHz
  • 精度: ±50 mm誤差で反射率10%の表面で30m以内、  250 m反射率25%の表面で250m以内
  • コンパクト性:小型システムへの組み込みが可能。
  • 頑丈:  IP67/ NEMA 6規格に準拠。
  • 柔軟性:インターフェース、操作モードおよび出力は個々のユーザー向けにパラメータ設定が可能になっており、必要に応じて外部トリガーの選択も可能です。
  • 目に安全:905 nm クラス1レーザー。

適用分野

  • 自動化技術:スキャンシステム用の小型測定モジュール。
  • 工業計測:距離、寸法のリアルタイムの監視。
  • 特別技術/用途:目標物検出、近接検出、無人航空機(UAV)向け飛行高度監視。

製品プレビュー

テクニカル ファクト

特徴
 不可視レーザー光:
 905 nm
 測定範囲 自然表面 反射率10% :
 30 m
 測定範囲 リフレクタ使用の表面または特殊なターゲット:  250 m
 測定精度:  50 mm
 測定周波数:  最大30 Hz(バイナリ出力)
 目に対する安全性:  クラス1レーザー
 標準インターフェースオプション:
 RS-232、RS-422、アナログ
 測定機能 (抜粋):  ユーザー個別のパラメータ設定、スイッチング出力、トリガー
 詳細情報につきましては下記のダウンロード可能なPDFデータシートをご覧ください。

ダウンロード

Product recommendations

ご質問がありますか?詳細はお問い合わせください。

Sales Laser Distance Sensors

+49 3641 65-3125

Sales Industrial Sensors

+1 561 881 7400 x1205

+81 045-345-0003

+81 045-345-0013

個人情報

Salutation

お問い合わせ

* = 必須欄です。ご記入ください。