RecommendMail Facebook Twitter Google Plus

汚染物質を除去する吸着システム:低汚染物質濃度と断続的なプロセスでエネルギー効率の良い排気ガス浄化システム

汚染物質を吸着中、汚染物質は他の物質の表面に付着し、その表面上で蓄積していきます。従って、汚染物質濃度が低い排気ガスでさえ、極めてエネルギー効率の良い方法で浄化されます。

吸着システム - エネルギー効率的に排気ガスを浄化

予備濃縮法を用いた排気ガス浄化システム

「吸着」または「物理吸着」とは、気体や液体内の物質が固形物の表面に結合する物理過程のことです。Jenoptikはこの物理過程を排気ガス浄化システムで利用しています。
吸着物質(吸着剤)は、通常、直径2~5mmの粒の塊です。この物質が排気ガス浄化に適しているか否かは、細孔径、細孔径分布、細孔容積、細孔表面品質といった要素により決定されます。
浄化対象の空気は吸着剤層を通り、 汚染物質分子が吸着剤の表面に蓄積していくことにより、排気ガスの流れがシステム内をきれいにしていきます。
排気ガスの滞留時間は、溶媒の蒸気圧を始めとするさまざまなパラメータが複雑に絡み合って決定されます。これにより、低濃度の断続的な排気ガスをエネルギーを余分に消費せず、効率的に浄化することができます。

化学吸着でも、物理吸着と同様に、気体(または液体)からの物質が吸着剤の表面と結合します。ただし、化学吸着では物理的な力のみならず、吸着結合物と吸着剤も化学結合に関与する必要があります。

Jenoptikでは、排気ガス中の酸や苛性アルカリ溶液などの無機汚染化合物を主に除去するために化学吸着を使用しています。また、空調設備や換気システムの下流域、さらには配管設備への防食効果もあります。

Jenoptikの吸着システムに関する詳細は、お気軽にお問い合わせください。

当社の技術者はお客様固有の用途に合わせて排気ガス浄化システムを最適に設定します。これを実現するために、お客様の施設が排出している排気ガスの汚染物質排出レベル温度は重要なパラメータです。一方、汚染物質密度よりも汚染物質濃度は最も重要な要素となります。吸着剤に適した媒体と、吸着剤に損傷を起こす媒体があります。

Jenoptik吸着システム2機種からお選びいただけます: 

詳細はお問い合わせください。

Sales Exhaust Air Purification System

+49 3641 65-2532

+49 3641 65-2540

+81 045-345-0003

+81 045-345-0013

Sales Laser Machines

+1-248-853-5888

個人情報

Salutation

* = 必須欄です。ご記入ください。

お問い合わせ