RecommendMail Facebook Twitter Google Plus

KATASORB® Z排気ガス浄化システム:汚染物質が低濃度の排気ガスの断続的な流れを再生吸着により浄化

触媒を使った二次燃焼技術を採用したKATASORB® Z排気ガス浄化システムは、吸着作用とダウンストリーム触媒を使用し、低濃度の汚染物質を含んだ排気ガスを効率的かつ柔軟に浄化し、残留物を残しません。

KATASORB® Z - 排気ガス浄化システム:低濃度汚染物質の排気ガスの断続的な流れを再生吸着により浄化

KATASORB® Z排気ガス浄化システムは極少量の汚染物質でさえ吸着します。汚染物質の濃度にかかわらず、しっかりと汚染物質を吸着し、連続運転にも断続運転にも最適なシステムです。

排気ガスの流れは吸着剤である複数(通常、2つ)のゼオライト層やゼオライトホイールを交互に通過します。ゼオライトは天然または合成の ケイ酸アルミニウムです。1つの層の吸着能力が限界に到達すると、未使用の層が汚染物質の吸着を始めます。その一方で、最初の吸着剤が自然に再生し始めます。汚染物質は熱により濃度の高い排気ガス流に放出され、無毒物質となるよう触媒を使った二次燃焼により完全酸化されます。廃棄物や特殊廃棄物を生成しません。

排気ガス浄化システムは、レーザや素材の加工中、または医薬品製造中に生成された蒸気に含まれる汚染物質を除去します。また、化学産業や印刷産業で使用される溶剤などの揮発性有機化合物を除去します。ACIDモデルでは、システムはポリ塩化ビニル(PVC)のレーザ加工中などに発生する酸性汚染物質除去します。

また、システムは吸着作用を使用し、室温で大量の排気ガスを浄化・乾燥させます。エネルギー消費量と熱損失量は極低水準に抑えたままです。ゼオライトは多くの再生サイクルと長い製品寿命を実現するように設計されています。保守と処分コストを最小限に抑えています。

Jenoptikは、お客様のニーズに合わせてカスタマイズしたKATASORB® Z排気ガス浄化システムを提供します。このシステムはモジュール式構造です。さらに、全パラメータが完璧に相互作用するように調整しています。ゼオライトを使用した吸着アプリケーション領域は、KATASORB®の他のコンポーネントを組み合わせて、大幅に広げることができます。

利点

  • 柔軟性:連続運転にも、断続運転にも最適。
  • 効率的:極少量の汚染物質も吸着。
  • 安全:最も厳格な排出基準に準拠。
  • モジュール式構造:既存のシステムに簡単に統合。
  • 省エネルギー:室温で大量の排気ガスを浄化。
  • 環境に優しい:汚染物質が完全に酸化し無害な物質を生成。


アプリケーション分野

  • プラスチック加工産業:蒸気中の汚染物質を吸着。
  • レーザおよび素材加工産業:レーザ切断や、冷却剤/潤滑剤の分解中にプラスチックから生成される蒸気を浄化。
  • 医薬品産業:蒸気中の汚染物質を除去。
  • 石油化学産業:油や潤滑剤により汚染された排気ガスを浄化。
  • 印刷産業:溶剤などの揮発性有機化合物を除去。

製品の概観

お勧めの製品

Please contact us for more information.

Sales Exhaust Air Purification System

+49 3641 65-2532

+49 3641 65-2540

laserprocessing.sales@jenoptik.com