RecommendFacebook Twitter LinkedIn

サービス、研修とサポート

私たちのサービスは、様々な測定業務向けの完全なソリューションをご提供しています。例えば表面および形状検査など寸法決定に加えた計測業務から、最終検査あるいは計測研究所での測定を含め、生産プロセスのすべての局面にわたる業務に柔軟に対応します。

世界中でサービスを提供

サービス、研修とサポート

目的指向のサービス提供

工業生産で高精度測定が求められるあらゆる場所で、私たちは、最先端技術の計測システムをご提供できる、理想的なパートナーです。 私たちの目標とは、常にお客様に可能な限り最良のサポートをご提供することです - その範囲は、初期段階でのお問い合わせから、お客様の生産性を保護する、私たちのサービスパッケージの実装に及びます。

私たちは、広範囲なサービスのから選ばれた、お客様のためのカスタマイズパッケージサービスをご用意し、さらにお客様の仕様に合わせることを保障するための最適化を行いします。 

世界中で多くのメーカーから、私たちの持つ業務経験が信頼されています。私たちは、革新的で高精度の計測システムに加えて、包括的なサポートと、個別の分析サービスもご提供しています。

 

世界中でサービスを提供

ノウハウ

知識の移転

私たちはお客様にノウハウを移転します

信頼性に優れた、追跡可能な品質管理によって、お客様の生産プロセスの最適化を達成します。 私たちは、お客様のスタッフに計測システムの適切な操作方法や、生産測定結果の評価方法の研修をご提供します。

研修

  • 測定の基本、操作方法からプログラミングまで、広範囲な研修をご利用いただけます。
  • 研修は、お客様の拠点でも、私たちの各種設備でも実施できます。
  • 標準または個別トレーニング
  • 有資格インストラクター

利点:

  • お客様の従業員にシステム測定について熟練した包括的な知識を提供
  • 生産品質の問題に明瞭な答えを提供
  • 最大の効率、お客様の測定システムを活かすための方法

スタートアップ段階での支援

  • 現地で、専門家がスタートアップ段階を効果的にサポート

利点:

  • 初期段階全体にわたる豊富な知識に基づく支援

応用研究開発

  • 計測システム、把持装置、測定プログラムを含む、最適な測定戦略の開発
  • テスト測定

利点:

  • お客様のニーズに最も適する計測システムを保証します

常駐エンジニア

  • 有資格技術者が現地に常駐

利点:

  • 現地の条件を踏まえ最適化されたサポートをご提供します
  • 計測システムの現地での最適化
  • 直接対応

最適化

パフォーマンスの改善

計器の効率的な使用によるパフォーマンス改善

私たちは、お客様との緊密な協力を通じて、お客様の既存の測定器をできるだけ効率的に使用できるコンセプトを開発します。 計測システムの近代化により、これまでの投資が保護されることに加え、最新の計測基準に従って常に測定が行なわれることを保証できます。

ソフトウェアのアップデートとアップグレード

  • 既存ソフトウェアのアップデートとアップグレード
  • 利点:

      • 最新の計測基準に従って常に測定が行なわれることを保証
      • 新しいソフトウェア・バージョンの改善を活用し、より効率的・より経済的なワーク・プロセスを保証
      • その他の機能

      最適化

      • 構成部品の置換とアップグレード
      • 新しい測定戦略の実装
      • プロセスの最適化
      • サイクルタイムの短縮
      • 利点:

        • 投資安全保護
        • シーケンス改善

      測定プログラムの生成

      • (CNC)測定プログラムの生成

      利点:

      • 開発時間の節約
      • プロセス信頼性を提供する測定プログラム
      • 最適化されたプログラムフロー

      レトロフィットと拡張

      • 新しいニーズに合わせて既存システムを調整
      • 構成部品の置換
      • 新しいワークピースキャリアの構築
      • 利点:

          • 投資の保護
          • シーケンスを改善
          • 寿命を延長


サービス

可用度の保証

私たちの予防とレスポンスメンテナンスに基づいたサービスで、お客様の測定システムの可用度を保証

お客様のシステムのライフ・サイクル全体にわたり、可用性を中断なく保証し、また一貫した測定品質を達成できるよう、私たちはレスポンスメンテナンスと予防メンテナンスの両方に基づく広範囲にわたるサービスをご提供します。

計測システムの整備と較正

  • 予防整備と較正
  • 構成部品の検査と置換
  • 研修は、お客様の拠点でも、私たちの各種設備でも実施できます。
  • DIN EN ISO 10012 準拠の較正
  • お客様の試験装置モニタリングのドキュメンテーション

利点:

  • 機械アップタイムを最大化
  • 手頃で管理できるメンテナンスコスト
  • 信頼できる測定器性能
  • 消耗を防ぎ寿命を延長

沿革サービス(テレサービス)

  • テレサービス接続で問題を解決
  • 診断とエラー修正
  • デバイス設定テストと修正

利点:

  • 迅速な対応
  • 現地への出張が不要となるため、優れたコスト効率性

ヘルプデスク

  • お電話で問題を解決

利点:

  • 迅速でコスト効率に優れたサポート

規格に合わせた較正

  • DAkkS-DKD認証取得済み較正ラボ
  • DAkkS-DKD粗さ、輪郭、形状規格の較正証明書
  • 認証のないパラメーターの工場較正証明書発行

利点:

  • 測定器の能力を保証

修理(技術サービス)

  • グローバルなサービスネットワーク
  • 個別のサービスレベル契約
  • 計測システムの現地修理
  • モバイル計器、構成部品およびプローブシステムの工場修理

利点:

  • 迅速な対応
  • コスト効率に優れた工場での修理サービス

スペア部品とプローブ交換サービス

  • 標準プローブの交換計画

利点:

  • 最適なスペア部品
  • 長い待ち時間は不要

サポート

計測サービス

計測サポート

お客様が最も重要な業務に専念できよう保証するために、私たちは、個別のニーズに合わせた専門サポートをご提供し、お客様が最小の労力で、新しい状況に適応できるよう支援する、広範囲の計測のサービスをご提供します。

移転・引越サービス

  • 特別パッケージ: 条件分析、分解、計測システムの梱包と輸送向け固定作業、目的地での設置作業、性能検証および較正
  • 必要に応じ輸送業務もご提供できます

利点:

  • 移転・引越に伴う高度計測システムに最大の安全性を提供
  • 移転・引越後のシステムの適切な動作を保証

返却と再利用

  • 下取りシステム

利点:

  • 新しいデバイスをお得に購入

資金調達

  • 計測システム向けの融資とリース

利点:

  • 1度のみ、または特定の測定業務のために高価な機器を購入する必要がなくなります

中古システム

  • 中古システムの修理と調整

利点:

  • 新しいデバイスの購入と比較しコスト効率で有利


DAkkS-DKD認証取得

私たちのDAkkS-DKD認証には、寸法粗さ変数、形状偏差、輪郭および粗さの測定器具が含まれています。

DIN EN ISO/IEC 17025認証較正ラボ

配備した計測システムを継続的にモニターすることは、一貫した品質の保証のために非常に重要です。意義のある正確な結果の生成は、最適な測定精度の計器による測定が求められるためです。

私たちの製品とサービスの高い標準も同様です: すべては、グローバルな品質管理への体系的アプローチの成果なのです。 私たちの生産拠点は、DIN EN ISO 9001 およびOHSAS 18001:2007 認証を取得しています。

製造物責任に関してより厳格な条件を課すことで、測定・試験装置の品質保証と、正確な結果の証明の要件の両方を満たし、またこれらが推進されています。

継続した使用および摩耗によって、気付かないうちに、測定器の精度が変化してしまう場合があります。 したがって、機器は定期的に測定較正規格にのっとり較正が必要です。

私たちのDIN EN ISO/IEC 17025認証取得済み防振、温度管理DAkkS-DKD較正ラボでは、お客様の測定標準を較正します。 これにより、ドイツ物理工学研究所(PTB、Physikalisch-Technische Bundesanstalt)に測定機器の構成部品の直接の追跡可能性を保証し、最も高い測定技術規格に従った測定と較正が保証されます。

標準を較正できない場合、新しい製品を、私たちの製造設備から直接ご利用いただけます。 さらに、認証を取得していないパラメータについてのシンプルな工場較正証明書とテストレポートもご提供しています。

次の点にご注意ください: 最新のDakkS-DKD証明書は「ダウンロード」セクションからご覧いただけます。

検査基準

表面の検査基準

標準はDIN EN ISO 5436-1規格で指定されています

標準はDIN EN ISO 5436-1規格で指定されています

「プロファイル法」では、粗さの測定器の要件は非常に厳しいものです。これは、高精度でさまざまな材料の広範囲の構造との表面の粗さパラメータを記録するためです。

継続した使用および摩耗によって、気付かないうちに、測定器の精度が変化してしまう場合があります。 したがって、意義のある正確な結果を生成するためには、測定校正標準を使用して、定期的に計器を測定する必要があります。

計器の種類や、さまざまな機能によって、使用される規格は異なります。 これらの標準の特性DIN EN ISO 5436-1 規格で指定されています。

最も一般に使用される、表面測定の標準およびその用途は、下表にリストされます。

DIN EN ISO 5436-1に従う触針式測定器具較正および調節の標準

種類

名称

機能

公称値/出力

A

深さ設定標準

探針の鉛直方向(上下動)倍率および繰り返し精度の較正および調整
円形または水平な基礎の異なる深さの溝についての標準

Pt

B

針端テスト標準

針端の損傷、摩耗および寸法精度チェックと測定
高精度プロファイル形状の標準

針端ステータス

C

形状粗さ標準/
波長測定標準

探針の鉛直方向(上下動)倍率、水平プロファイル測定、横方向のトラバースユニットの均一度、探針伝達機能
シヌソイド、三角形、台形の形状の定期的勝つ規則的なプロフファイル構造の標準

Ra, Rz, Rmax, RSm

D

粗さ標準

触針式測定器具の較正および調整
さらにカットオフの正確な設定およびフィルタのタイプをチェックするためにも使用できる。
非周期的でイレギュラーな凹凸表面プロフィールの標準、実際的な知識に基づき、また様々な振幅の波長および状態変化、波動性および粗さなどの表面の偏差を含む。

Ra, Rz, Rmax, Rk, Rpk, Rvk

D

粗さ標準

触針式測定器具の較正および調整
非周期的でイレギュラーな凹凸表面プロフィールの標準、2つのスキッド・プローブで測定するDIN EN 10049によるパラメータについての波動性あるいは異常値(ピーク)からの干渉のない場合。

Ra, Rz, RPc

個別の触針式測定器具のチェックの標準

名称

機能

公称値/出力

オプチカルフラット

トラバースユニットおよび基礎的な外乱の直線度のチェック

Wt0, Rz0

ねじれ標準

ねじれパラメータ決定のための触針式測定器具の較正

DG, DP, Dt

計器の較正頻度は次の要因に左右されます:

  • 大気条件の安定度
  • 器具中の構成部品が交換されたかどうか
  • 器具がどれくらい頻繁に使用されるか
  • 不確実性についての要件
DAkkS-DKD較正実験室での標準較正は、測定器がドイツPTBの国家規格に直接サポートされること、ならびに規格および品質保証フレームワーク内で測定が行なわれることを保証します。 

 


証明取得

私たちの証明書および標準情報はこちらからご確認ください。

Product Discontinuations

Following products are no longer available.

Formline Incometer

Our measuring systems are manufactured reliably and in consistently high quality over many years. Since we always want to offer you the best possible solution for your tasks, it is necessary that older devices are replaced by successor products after a long period of continuous availability.

  • Waveline Toposcan
  • Formline Incometer
  • Formline PTB Nockennormal

Updates, upgrades and accessories for existing toposcan and incometer systems are probably available for another 2 years. Service will be regular for 10 years after end of delivery guaranteed. Please also forward this information to the persons or departments in your company which are responsible for product discontinuation.

We thank you for the trust and look forward to continuing our cooperation with you.

Please contact us if you have any open questions!

私たちのサービスチームへのお問い合わせ:

あなたの連絡担当者

Industrial Metrology

+49 7721 6813-555

+49 7721 6813-288

Sales Jenoptik Japan

+81 045 670-9140

+81 045 670-9141

ご連絡先 自動車

Industrial Metrology

+1-248-853-5888

個人情報

Salutation

お問い合わせ

* = 必須欄です。ご記入ください。