RecommendMail Facebook Twitter Google Plus

一体型光振幅変調器:高周波光の振幅調整

一体型光振幅変調器は、レーザー光線の振幅に非常に高速かつ高いダイナミックスで変調を加えることができます。

Jenoptik振幅変調器
Jenoptikの一体型光学振幅変調器は、ファイバーカップリング電気光学式光変調器です。導波管の中でマッハ・ツェンダー干渉計原理を使用し、ギガヘルツ範囲までの特に高い変調周波数信号を送信します。私たちは、この目的のためにVISおよびIRスペクトル域の波長の変調器を提示します。

一体型光学振幅変調器の標準版では、光のカップリングを行い、偏光を維持するシングルモード・ファイバーを使用しています。また、光変調器を他のファイバーシステムやコネクターと合わせて構成することもできます

利点

  • 強力:高い光学出力安定性と消光比
  • 迅速性:ギガヘルツ範囲の広帯域の変調
  • 多用途性:VISおよびIRスペクトル域の中の様々な波長で使用することができます
  • ユーザーにとっての使いやすさ:光ファイバーとこれにあわせたコネクターでレーザー光のカップリングとカップリング除去をシンプルに
  • カスタム設計:お客様お一人お一人の要件に合わせたカスタム製造構成部品

応用分野

  • 高ダイナミクスのアナログ変調
  • デジタル変調
  • 短パルス生成
  • パルス整形
  • 露光技術
  • レーザー走査顕微鏡検査
  • パルスピッキング

お勧めの製品

ご不明な点はございませんか?私たちのエキスパートが喜んでご回答いたします。

Sales Integrated Optical Modulators

+49 3641 65-1530

+49 3641 65-3807

Sales Business Unit Healthcare and Industry

+1.561.881.7400

Carl Wang

+86 3825 23-80

+81 045-345-0003

+81 045-345-0013

個人情報

Salutation

お問い合わせ

* = 必須欄です。ご記入ください。