RecommendMail Facebook Twitter Google Plus

一体型光学振幅変調器に制御ユニットを使用して、レーザーの繰返し速さを低減します

パルスセレクターIOMを使用することで、PCの上のUSBインタフェース経由で一体型光振幅変調器を手軽に制御できます。このプロセスで変調器の運転点を自動的に安定化することができます。

パルスセレクター、一体型光変調器
JenoptikパルスセレクターIOMは一体型光振幅変調器向けの制御ユニットです。パルスピッカーにより パルスレーザーの繰返し速度の縮小、あるいは放射パルス生成が可能になります。あるいは、この制御ユニットをトリガー対応パルス発生器としてご活用いただくこともできます。

パルスセレクターIOMはTTL同期信号を要求し、レーザー繰返し速さを設定します。コンピューター上でUSBインタフェース経由でコマンドセットを使用することで、手軽に制御することができます。フォトダイオードは、パルスピッカー制御ユニットと一体になっています。これによって振幅変調器の運転点を自動的に安定させるフィードバック・ループを使用することができます。

利点

  • 多用途性:レーザーパルスの繰返し速度の縮小に、あるいはパルス発生器として活用できます
  • ユーザーにとっての使いやすさ:手動または自動操作に対応
  • 高い実用性:PCとあわせて使いやすいUSBインターフェース
  • フィードバック・ループ:振幅変調器の運転点を自動的に制御

応用分野

  • 発振器アンプシステムで、レーザーパルスの繰返し速さを低減します。
  • パルス生成

お勧めの製品

ご不明な点はございませんか?私たちのエキスパートが喜んでご回答いたします。

Sales Integrated Optical Modulators

+49 3641 65-1530

+49 3641 65-3807

Sales Business Unit Healthcare and Industry

+1.561.881.7400

+81 045-345-0003

+81 045-345-0013

個人情報

Salutation

お問い合わせ

* = 必須欄です。ご記入ください。