RecommendMail Facebook Twitter Google Plus

PLM 位相変調器:ネマチック液晶層の電気的に制御可能な複屈折の効果を利用して変調を行います。

PLM位相変調器は、ネマチック液晶層の電気的に制御可能な複屈折の効果を利用しています。この方法によって、光の位相を生み出すことができます。

位相変調器
PLM液晶電気光学位相変調器は、通過光の通常および通常以外のビーム間の位相を行うことができます。この機器では、機械的可動部品は必要ありません:PLM位相変調器は、ネマチック液晶層(LC層)の電気的に制御可能な複屈折の効果を利用しています。LC層の屈折率の差は、液晶、偏光方向および印加電圧の光学的性質に依存します。

0~10 VのDC電圧なしのAC電圧を使用して、位相変調器を制御し、430 から 1600nm の波長範囲で作動します。さらに、私たちは、お客様それぞれのアプリケーションにあわせたスペクトル域用ARコーティングを製造しています。

位相変調器の光学活性エリアの 直径は標準で20mmです。さらにご要望に応じて、個別アパーチャにも対応いたします。

利点

  • 電気制御可能:液晶層(LC層)の電気的に制御可能な複屈折の効果を利用しています。
  • 強力:   
  • カスタム設計:カスタマイズされたARコーティングおよびアパーチャ対応

応用分野

  • 光学レンズ:直線偏光状態または振幅を機械的部品移動なしで変調、したがって振動がありません
  • レーザー技術:レーザー・アクセサリーとしての光変調器

テクニカルパラメーター

ダウンロード

お勧めの製品

ご不明な点はございませんか?私たちのエキスパートが喜んでご回答いたします。

Sales Liquid Crystal Light Modulators

+49 3641 65-4243

+49 3641 65-3807

Sales Business Unit Healthcare and Industry

+1.561.881.7400

+81 045-345-0003

+81 045-345-0013

個人情報

Salutation

* = 必須欄です。ご記入ください。

お問い合わせ