RecommendMail Facebook Twitter Google Plus

Jenoptikのフォトダイオード: スペクトル選択的な光および放射線検出向けフォトダイオード

Jenoptikのフォトダイオードは、容易に既存システムへの統合が可能です。またオプトエレクトロニクス・アプリケーションにあわせることも、さらに外部フィルターの必要をなくすこともできます。

Jenoptikのフォトダイオード: スペクトル選択的な光および放射線検出向けフォトダイオード
Jenoptikのフォトダイオードには、は、AlGaAs、GaP、InGaAs、AlGaNあるいはSiCなどの A3B5 材料を使用しています。私たちは、可視光線、赤外線放射あるいは紫外線放射を検出するためのスペクトル選択的なフォトダイオードを製造します。これらの製品は信頼性に優れ、 150 ~ 1700 nmの間のスペクトル域を検出します。

私たちのフォトダイオードは、ハーメティックシールドメタルハウジングでオプチカルフラットまたはレンズ・キャップを備えます。または、SMDハウジングまたはお客様に合わせた固有モジュールにチップ内蔵テクノロジーをご提供できます。
私たちが使用する半導体は、きわめて暗電流が低く、広く使用されるSiに基づいたフォトダイオードと比較して、特に高い信号対雑音比を実現します。結果として生じる光電流は、数十年間にわたって照射強度に正比例します。低い接合キャパシタンスは短いスイッチング時間および高速信号伝送を保証します。ある場合において、私たちのスペクトル選択的フォトダイオードを使用する場合、追加の光学フィルターは必要ありません。


利点

  • 安全性:高感度で妨害のない信号授受
  • 信頼性: 望ましくないスペクトル域の最適抑制
  • 安定性: 長期間にわたる光電流の変化を最小限に抑え、高い信号対雑音比で高温下でも信頼できるオペレーション
  • 省コスト:追加スペクトルのフィルターは必要ありません

応用分野

  • 自動車産業: 雨天センサー、LDWS(レーンデパーチャー警報システム)、車両デジタルデータ伝送
  • 交通安全: 昼光/トンネルセンサー向け
  • 医療技術: 診断と治療、例として蛍光分析、血液検査など
  • セキュリティ技術: スペクトル選択的光バリア
  • 計測: 光学的放射源計測、例として炎検出および水消毒の測定およびモニタリング。

お勧めの製品

コンポーネント

詳細はお気軽にお問い合わせください。

Sales Photodiodes & LEDs

+49 30 6576 25-09

+49 30 6576 25-45

個人情報

Salutation

お問い合わせ

* = 必須欄です。ご記入ください。