RecommendMail Facebook Twitter Google Plus

回折グレーティング:カスタマイズされた回折光用のための正確な周期的構造

回折マイクロ・ナノ光学素子の設計・製造におけるパイオニアとしての 25 年以上の経験を生かし、Jenoptik はお客様の回折グレーティングのカスタム用途のために優れた回折ソリューションを提供します。

回折光用光学グレーティング

最先端のリソグラフィー技術と最高レベルの柔軟性を合わせた優れた設計により、Jenoptik は様々な材料を使用した様々なプロファイルの回折格子 (バイナリ、マルチレベル、ブレーズド) を製造し、UV から IR の波長範囲でお客様の用途に最適なソリューションをご用意します

® – 透過型パルス圧縮用グレーティング

回折グレーティングはフェムト秒レーザーの CPA (チャープパルス増幅) セットアップにおける重要な要素の一つです。パルス圧用グレーティング (PCG) の回折効率は効率とビームの品質に関してレーザー性能に大きな影響を与えます。

Jenoptik のe²® - PCG はレーザー性能の向上にぴったりのソリューションです。高い回折効率、低い波面誤差、高いレーザー損傷閾値だけでなく、格子構造が埋め込み式になっているため、® - PCG は外部からの機械的損傷やほこりにも強くなっています。

Jenoptik PCG は高いレーザー損傷閾値と熱安定性を誇る高純度石英ガラスを用いてカスタムで設計・生産されます。

メリット

  • 高い効率:最高回折効率が 100% に近く、レーザー性能を向上
  • 柔軟性:お客様の用途に合わせた独自設計、サイズは最大 270 平方mm
  • 高い線密度 (最大 3000 ln/mm):コンパクトな製品設計と高いパルス圧縮を実現
  • 優れた耐久性:安全に取り扱えるようにし、高い損傷閾値と熱安定性を実現するため、優れた誘電体 AR コーティングシステムを両面に施して石英ガラスグレーティングをカプセル化

応用分野

  • レーザー加工:超短パルスレーザーシステム用のパルス圧縮/延伸
  • レーザー:波長選択、微調整、高出力レーザーの狭帯域化

ブレーズドグレーティング

回折効率を最適化するブレーズドグレーティング

ブレーズドグレーティングは、特定の回折時数に対する回折効率が最大になるように設計された光学グレーティングです。ブレーズド回折格子は通常、単一波長に対してのみ設計され、回折角も小さいのが普通ですが、Jenoptik のブレーズド回折格子は大きい角度でも機能します。

他の光学グレーティングと同様に、ブレーズドグレーティングも周期性を持った設計になっており、最終回折角が決まっています。ブレーズドグレーティングのプロファイルは、三角形の断面になり、 のこぎり波断面とよく呼ばれます。Jenoptik ではのこぎり波断面の周期性と角度をしっかりコントロールしながらブレーズドグレーティングを製造してます。そのため、希望通りの回折次数で高い回折効率が得られます。

ブレーズドグレーティングのメリット

  • 高い効率:最高の回折効率。
  • 柔軟性:幅広い材料、透過、反射が可能

用途

  • 分光:ビームの制御と分離を行うグレーティングプリズム (GRISM) と分光計。

Product recommendations

Components

ご質問はございますか?弊社のエキスパートが喜んで対応いたします。

+81 045-345-0003

+81 045-345-0013

Sales Microoptics

+49 3641 65-2442

+49 3641 65-2443

Optics & Optical Systems

1.561.881.7400

個人情報

Salutation

* = 必須欄です。ご記入ください。

お問い合わせ