RecommendMail Facebook Twitter Google Plus LinkedIn

レーザー光線の振幅および位相調整向けのJenoptik一体型光変調器

一体型光変調器なら、レーザー光線の振幅や位相で、高速かつ高ダイナミクス調整を実現します。

光変調器
Jenoptikのファイバーカップリング一体型光変調器は、レーザー光線の 振幅または位相変調に理想的です。この装置は、500~1600ナノメーター の波長をカバーしています。

電気光学液晶に基づき、高速による電気光学効果を利用しています。ギガヘルツ範囲の高い変調周波数の光の位相または振幅の変調にご活用いただけます。さらに、コンパクトな端末で高い光学出力 安定性を備え、変調電圧を低く抑え高い消光比を実現しています。

光ファイバーとコネクターを使用して、一体型の光学変調器で容易に光のカップリングを行います。さらにこれらの変調器ではパルスピッカー制御ユニットのような、特別にお客様に合わせた設計を行った制御ユニットを選択することもできます。標準の光変調器に加えて、Jenoptikはさらにお客様それぞれにあわせた構成部品の開発ならびに製造を行っています。

利点

  • 強力:高い光学出力安定性と消光比
  • 高速:ギガヘルツ範囲までの広帯域の信号処理
  • 多用途性:VIS(可視光)およびIR(赤外線)スペクトル域の中の様々な波長で使用することができます
  • ユーザーにとっての使いやすさ:光ファイバーとこれにあわせたコネクターでレーザー光のカップリングとカップリング除去をシンプルに
  • カスタム設計:お客様お一人お一人の要件に合わせたカスタム製造構成部品

応用分野

  • 高ダイナミクスのアナログ変調
  • デジタル変調
  • 短パルス生成
  • パルス整形
  • 露光技術
  • レーザー走査顕微鏡検査
  • 干渉計測定テクノロジー
  • 側波帯生成
  • 光学コヒーレンス断層撮影

学術誌記事(ドイツ語のみ)

Thema: ­新しい分野のための光学変調器

科学雑誌で出版Optik & Photonik 1/2010

IOM - 出版物一覧

テクニカルペーパーおよびアプリケーションペーパー
Jenoptikの一体型光変調器について

2012

LISA用光ファイバ変調器と光ファイバアンプ
M. Tröbs, S. Barke, J. Möbius, M. Engelbrecht, Th.Theeg, D. Kracht, B. Sheard, G. Heinzel, K. Danzmann
『Journal of Physics』:カンファレンスシリーズ 228 (2010) 012042)


ダウンロード

Jenoptik の一体型光変調器:

ご不明な点はございませんか?私たちのエキスパートが喜んでご回答いたします。

Sales Integrated Optical Modulators

+49 3641 65-1530

+49 3641 65-3807

Carl Wang

+86 3825 23-80

+81 045-345-0003

+81 045-345-0013

Sales Business Unit Healthcare and Industry

+1.561.881.7400

個人情報

Salutation

お問い合わせ

* = 必須欄です。ご記入ください。