RecommendFacebook Twitter LinkedIn

位相、振幅および偏光状態の制御向けの液晶光変調器

機械的な可動部を持たず、光学特性を安全かつ高い信頼性で制御できるJenoptik液晶光変調器をご活用ください。

Jenoptik液晶空間光変調器(SLM)
液晶光変調器は、光波の位相、振幅 あるいは偏光状態の調整に極めて適しています。これらは、ネマチック液晶層の光学的性質の電気制御に基づいています。

私たちの液晶実験室の能力の一例は、個々に制御可能なストリップを持つリニア・アレイに基づいたSLM-S空間光変調器です。作動する光の波長範囲は430から1600ナノメーターまでです。シングルマスクあるいはデュアルマスクアレイを搭載しています。デュアルマスクアレイでは、位相および振幅を同時かつ同時に調整することができます。

320あるいは640ストリップの各々を、解像度12ビットで個別に制御することができます。SLMシリーズ液晶変調器はすべてコンピューターにUSBで簡単に接続できます。

ご要望に応じて、お客様の使用に合わせた光変調器を製造しています。電子部開発を含めた個々の要件に正確に耐お言うします。

位相、振幅および偏光状態の制御向けの液晶光変調器

利点

  • 高出力:シングルピクセル変調器および高解像度空間光変調器には高いレーザー出力のための大きなアレイ を搭載
  • USB インターフェース:コンピューターと手軽に接続
  • 幅広い波長範囲:430–1600 nm
  • ユーザーにとって使いやすい操作:SLM-S変調器用向けの広範囲なLabViewコマンドセットとMATLABとCライブラリ
  • カスタム設計:お客様の個別の要件に合わせて製造、例えば特定のARコーティングなど

応用分野

  • レーザおよび素材加工:高出力および極短パルスレーザーのパルス整形
  • 化学:コヒーレント制御
  • 分析:多次元顕微鏡検査および分光学
  • レーザー技術:パルス圧縮
  • 光学:VISおよびNIR範囲のレーザー光の調整を行う手軽なソリューション
  • フォトニクス:超高速プロセスの研究および実装を進める際に、可変位相/振幅マスクをfsレーザパルス整形に利用。

ダウンロード

Jenoptik液晶光変調器:

ご不明な点はございませんか?私たちのエキスパートが喜んでご回答いたします。

Sales Liquid Crystal Light Modulators

+49 3641 65-4243

+49 3641 65-3807

Sales Jenoptik Japan

+81 045 670-9140

+81 045 670-9141

Light & Optics | North America

個人情報

Salutation

お問い合わせ

* = 必須欄です。ご記入ください。